イメージテキストイメージテキスト

1989年、サンフランシスコ。
バイクメッセンジャーだったロブ・ハニーカットは、
タフなミシンと格闘しながら、ティンバック2の最初の
メッセンジャーバッグを作り出しました。

その後の25年以上もの間、創設者の意志を受け継いだ私達は、
都会を闊歩し渉猟するアーバン・アドベンチャーのための道具を造り続けています。
それら全てに共通する私達の「哲学」、それはいつ何時でもそばにいてくれる、
とてつもなくタフなバッグを生み出すことです。

なぜなら私達ティンバック2にとって、人生というものはある種の
「冒険」のようなものと考えているからです。
いつも何かを追い求め、時に思わぬ偶然に出会い興奮する、スリルな冒険です。

ティンバック2はそのタフな旅での信頼できる相棒として、
その時必要なものを全て積み込んで、いつもあなたの側にいます。

それはあなたの自由の証であり、また人生において欠かすことのできない、
それでいて簡単に失われることもない、あなたの大切な道具の一つでもあります。

信頼。それはティンバック2にこそ当てはまる言葉です。

1989年、サンフランシスコ。
バイクメッセンジャーだった
ロブ・ハニーカットは、
タフなミシンと格闘しながら、
ティンバック2の最初の
メッセンジャーバッグを作り出しました。

その後の25年以上もの間、創設者の意志を
受け継いだ私達は、
都会を闊歩し渉猟する
アーバン・アドベンチャーのための道具を
造り続けています。
それら全てに共通する私達の「哲学」、
それはいつ何時でもそばにいてくれる、
とてつもなくタフなバッグを
生み出すことです。

なぜなら私達ティンバック2にとって、
人生というものはある種の「冒険」の
ようなものと考えているからです。
いつも何かを追い求め、時に思わぬ偶然に
出会い興奮する、スリルな冒険です。

ティンバック2はそのタフな旅での信頼でき
る相棒として、
その時必要なものを全て積み込んで、
いつもあなたの側にいます。

それはあなたの自由の証であり、
また人生において欠かすことのできない、
それでいて簡単に失われることもない、
あなたの大切な道具の一つでもあります。

信頼。それはティンバック2にこそ
当てはまる言葉です。

イメージ

PAGE TOPへ