イメージテキストイメージテキスト

1989年サンフランシスコで創業以来、丈夫なバッグを作り続けてきました。

  1. 1873

    米国特許事務所よりリベット打ちのワークパンツの特許(#139,121)が下り、Levi'sのブルージーンズが誕生しました。
    サンフランシスコの縫製産業の始まりです。

    イメージ
  2. Late 1970s

    ニューヨークのグローブ・キャンバス(Globe Canvas)、別名 デ・マルティーニ(De Martini)によって、ショルダーバッグがデザインされました。
    当初は、電話会社の電気工事社業員のために考案され、ニューヨークのバイクメッセンジャーに愛用されました。

  3. 1984

    Zo Bag設立(サンフランシスコ)

  4. 1989

    サンフランシスコのバイクメッセンジャーだったロブ・ハニーカット(Rob Honeycutt)は、たった200ドルの初期費用で中古のシンガーミシンを購入し、生地とバックルを注文するところからスタートしました。
    ロブは黒地のハンドルバーバッグを50個作り、サンフランシスコで唯一1店舗"The Freewheel"というお店にて販売しました。
    ロブはその間もバイクメッセンジャーとして働き続けました。
    彼が愛用していたZoというバッグを見るたびに、メッセンジャーでは無い一般の人にも、どこで買ったのかと聞かれるようになりました。
    ロブは可能性を感じ、初回コレクションをThe Freewheelとロブ自身が立ち上げたメッセンジャーバッグの会社Scumbagsにて販売開始しました。

  5. 1990

    ロブは"Scumbags"は本物のバッグカンパニーとしての必要な信頼性に欠けていると感じでいたため、伝説的なアフリカの街Timbuktu(トンブクトゥ)と人気のあるインディーズバンドTimbuk3の名前からとって、Timbuk2という名前に変更しました。

    イメージ
  6. April 1990

    Timbuk2の最初のメッセンジャーバッグの卸オーダーは、オレゴン州ポートランドにあるThe Bike Galleryからでした。

  7. Summer 1990

    ロブは1つずつ受注生産をすることを思いつき、バッグの製作に必要なすべての材料は縫製機械から手に届く範囲に置かれました。
    個々のバッグはロブ1人によってオーダーメードされました。

    イメージ
  8. 1991

    Timbuk2のロゴの原形は、ロブがペーパーナプキンにフェルトペンで描かれました。

    イメージ
  9. 1991

    Timbuk2はロブのアパートからサンフランシスコのSOMAエリアにある217Dore Streetのショップへ引っ越しました。

  10. 1992

    Timbuk2はサンフランシスコベイを渡ったEmeryvilleという土地に引っ越しをし、初めて縫製スタッフを正社員として雇いました。

    イメージ
  11. 1994

    ロブはマス・カスタマイゼーションとトヨタモーター社のメーカー哲学を学び、スリーパネルバッグのデザインを完成させました。

    イメージ
  12. 1994

    Timbuk2のシグネチャーバッグであるスリーパネル、トリカラーメッセンジャーバッグを発表。
    バイクショップやエンドユーザーに向けて、カスタムデザインできるオリジナルバッグの受注を始めました。

    イメージ
  13. 1996

    Timbuk2はサンフランシスコのミッションエリアのTreat Streetに引っ越しました。

  14. 1997

    Timbuk2はカリフォルニア州アナハイムのインターバイクトレードショーに出展し、展示会場にてカスタムメッセンジャーバッグの生産パフォーマンスを行いました。

    イメージ
  15. 1999

    ドットコムブームの中心地であったサンフランシスコに立地したこともあり、逸早くインターネット版のカスタムバッグオーダーフォームの開発に取り掛かりました。

    イメージ
  16. 1999

    Timbuk2はソルトレイクシティ―で開催されるウィンターアウトドアリーテールショーに生産拠点を設置しました。
    巨大な竜巻の影響で、会場のテントは剥がされ、機械が破壊されました。
    また1人の人命が奪われました。(Timbuk2とは無関係です)

  17. 2000

    Timbuk2は、timbuk2.com上で「バッグビルダーを開始しました。

    イメージ
  18. 2002

    Timbuk2が初めてコンピューターのキャリーケースとラップトップのソフトケースを発表しました。

    イメージ
  19. 2003

    "スクラッチスウィル"と言われた渦巻きロゴの改訂版"ハッピースウィル"が作られました。

    イメージ
  20. 2004

    Timbuk2はヨガバックやメッセンジャーバッグのアーティストシリーズ、トートバッグやダッフルバッグなどを加えたバッグとアクセサリーのコンプリートラインを始動しました。

    イメージ
  21. 2005

    Timbuk2はアーティスト・オリジナル・プログラムを開始。
    新生アーティストや有名アーティストのチャリティーに協力する共同努力プログラムで、参加したアーティストはそれぞれ他には無い独自のメッセンジャーバッグをデザインし、この目を見張る出来のバッグの売却による収入はアーティストが選択したチャリティーに寄付されました。

  22. 2006

    Timbuk2は初のフラグシップストアをサンフランシスコのヘイズバレーにオープンしました。

    イメージ
  23. 2007

    Timbuk2はTreat Streetから16th Streetに引っ越し、海外での展開もスタートしました。

  24. 2008

    Timbuk2はサンフランシスコ16th & Alabamaの工場を改装し、他に例のないワークスペースと環境を創りました。
    生産ラインの中や周りには植物が植えられ、アウトドアが屋内に持ち込まれました。
    照明は新しく拡張され、オープンスペースはそのまま残され、生産ラインの形態は人間工学を基に再構成され、生産処理能力は20%増加しました。

    様々な面で効率化を図ったことによって、
    Timbuk2チームとお客様にとても良い影響を与えました。
    ブログの投稿参照。 工場の写真をご覧ください。

    Timbuk2のカーゴトートが生まれました。
    デザインと生産はサンフランシスコの自社工場で行われています。
    写真を参照ください。

    • イメージ
    • イメージ
    • イメージ
    • イメージ
  25. November 2008

    Timbuk2はキャスター付きを含むラゲッジバッグを発表しました。

  26. May 2009

    Timbuk2は20周年を記念して、記念モデル"Lived in Messenger Bag"を発表しました。

    イメージ
  27. 2010

    オフィスと生産チームを同じ屋根の下にという希望を叶えるため、Timbuk2は2010年2月に引っ越しました。
    オフィスと工場の建物は、ロブが初めてバッグを作り始めた同じミッションエリアの583 Shotwell St.に移動しました。
    新しい施設はモダンで、ディスコホールも併設していて、60人のスタッフと犬数匹の我が家のような存在になりました。

    イメージ
  28. 2011

    Timbuk2は偶像的なイメージであるスリーパネルデザインを商標登録しました。

    イメージ
  29. August 2012

    Timbuk2はwhatsinyourbag.com&timbuk2fans.comのサイトをオープンし、ファンに向けて画像を共有したり、Timbuk2の情報などを提供しています。

    • イメージ
    • イメージ
  30. November 2012

    Timbuk2はサンフランシスコ(506 Hayes Street)のショップを改装しました。

    イメージ
  31. Today

    And the customization continues…

    イメージ

PAGE TOPへ