栗山千明の演技下手が下手と言われる3つの理由!過去と2022年現在を動画比較してみた!

栗山千明

栗山千明さんといえば、モデル出身でドラマ・映画で活躍中の人気女優です。

しかし、女優としての評価は「演技が下手」という厳しい意見がありました。

栗山千明さんの演技が、下手だといわれる理由について調べていきます。

目次

栗山千明の演技下手が下手と言われる3つの理由!

栗山千明さんは、5歳で子役デビューしました。

1999年には映画デビューを果たし、現在も様々なドラマや映画で活躍しています。

女優歴の長い栗山千明さんですが、世間では演技が下手だという意見がありました。

演技が下手といわれている理由を調査していきます。

①どれも同じ役に見える

栗山千明

2003年映画「キル・ビル」の殺し屋女子高生役を、栗山千明さんが演じました。

キル・ビルがヒットした後は、クールな役柄が続きます。

その結果、どれも同じ役に見えて演技が下手との評価に繋がっていました。

ただどんな名女優でも、クールな役の演じ分けはなかなか難しそうですね。

②クールな役柄以外出来ない

栗山千明

いつもクールな役で定着していた栗山千明さんがコメディを演じたことにより、違和感を覚えた方が多くいました。

結果、演技が下手という評価につながってしまいます。

③台詞が棒読み

台詞が棒読みである点も、演技が下手だと思われている理由のようです。

表情がクールで美しい栗山千明さん。

表情の出ない、自分の心中を語るようなセリフだけのシーンなどで、棒読みだと感じる方が多くいました。

ただ、台詞だけで気持ちを表すのは声優さんでも至難の業。

栗山千明さんのようにクールな役柄となると、尚更難しそうです。

栗山千明の演技・過去と2022年現在を動画比較してみた!

批判的な意見も目立ちましたが、現在は演技が上手いという意見も数多く見受けられました。

2000年に鈴木杏さんと、W主演を務めた”六番目の小夜子”。

まだ学生の頃、声を張り上げて同級生に自分の意見を主張する演技をしています。

2020年10月に放送された”24JAPAN”と比べてみましょう。

比較しやすいように、”六番目の小夜子”同様、声を張り上げる演技【動画:12:30~】を選びました。

声の抑揚や、間の取り方、表情がかなり自然になっているのが分かります。

演技力が評価されて2021年には”ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~”で、主演を務めました。

仕事では容姿端麗のパーフェクトウーマン、家では恋愛マンガをこよなく愛するオタク女子。

この難しい役柄を、見事に演じ切りました。

視聴者からの評価もとてもよく「栗山千明さんが可愛い!」という感想が続出。

そして、2022年1月には新ドラマ【ケイ×ヤク】で央莉音役で活躍しています。

栗山千春さんの演じる央莉音役ですが、警視庁公安部の巡査官で腕っぷしが強い溌剌とした性格。

クールとは一味違った、かっこいい女性の栗山千春さんが見られます。

まとめ:栗山千明の演技下手が下手と言われる3つの理由!過去と2022年現在を動画比較してみた!

栗山千明さんの演技が下手だと言われる理由を調べてみました。

過去の動画から最近の動画までを見比べてみると、かなり演技の幅が広くなったことが分かります。

昔はクールでかっこいい!という意見が多かったのに対し、可愛い演技やコミカルな演技まで幅が広げました。

クールな役から可愛い役までこなせる名女優。今後の活躍にも目が離せません。

目次
閉じる