ディーンフジオカの演技が下手な3つの理由!人気の理由を調査してみた!

ディーンフジオカ

俳優・映画監督・ミュージシャンと幅広く活躍中のディーンフジオカさん

朝ドラ出演で一気にブレイクしましたが、演技が下手と言われています

ディーンフジオカさんの演技が下手な3つの理由と人気の理由について調査していきます

目次

ディーンフジオカの演技が下手な3つの理由!

ディーンフジオカ 演技下手

ディーンフジオカさんは、日本へ逆輸入の形で2015年から日本に拠点を置き活動開始

有名になったのは、NHK朝ドラ「あさが来た」の出演がきっかけ

ディーンフジオカ 五代

演じた五代友厚はハマり役で、一気に注目を浴びています。

「五代様ロス」という言葉も生まれ、人気俳優となりました。

しかし、たくさんドラマや映画に出演するようになってから演技が酷評されるように

ディーンフジオカさんの演技が下手な3つの理由について詳しく調べていきます

①いつも同じ演技

ディーンフジオカ ダメ恋

1つ目の理由は「いつも同じ演技」です。

いつもワンパターンで一本調子と言われています。

ネット上に演技に対して厳しい声が溢れたのは、2016年ドラマ「ダメな私に恋してください」に出演時。

ディーンフジオカ ダメ恋

ディーンフジオカさんが演じた役柄は、人間味のある役は苦手なのか、単調で下手に見えました。

元ヤンだけど面倒見が良く、基本的ドSな男

ディーンフジオカさんの演技を目の当たりにした視聴者からは、厳しい声がありました。

何も伝わってこないので、演技にバリエーションがほしいところです

②滑舌が悪い

ディーンフジオカ 滑舌

2つ目の理由は「滑舌が悪い」です。

ディーンフジオカさんの声は、抑揚がなくてこもっていますよね。

さらに、片言が抜けていないので何を言っているかわからないと言われています。

ディーンフジオカ シャーロック

2019年ドラマ「シャーロック」に出演したディーンフジオカさん。

このドラマは長いセリフが多く滑舌の悪さが目立ってしまいました

セリフを噛まないように集中しているからなのか、聞いていてハラハラ

舌足らずで危なっかしい滑舌が、ドラマの演出をぶち壊しているという声も。

という辛辣な声がたくさんありました

③棒読み

ディーンフジオカ 棒読み

3つ目の理由は「棒読み」です。

ディーンフジオカさんは、日本語のイントネーションが片言

それにより、棒読み感が増します

名前からハーフ?と思われるかもしれませんが、生粋の日本人です

ディーンフジオカ 棒読み

ディーンフジオカさんは、2004年から香港を拠点に芸能活動を開始しました

海外生活が長かったためなのか、日本語のイントネーションがおかしいのでしょうか。

セリフが棒読みなので、緩急がなく終始単調な芝居です

またまた厳しい声が聞こえてきました

共演している役者さんの演技が上手いと、ディーンフジオカさんの棒読みがさらに気になりますね

ディーンフジオカが人気の理由を調査してみた!

ディーンフジオカ 人気

たびたび演技が下手と酷評を受けているディーンフジオカさん。

しかし、ドラマ出演も多く人気は衰えていません

ディーンフジオカさんが人気の理由を調査していきます。

ディーンフジオカ 人気

ディーンフジオカさんは、イケメンで容姿も整っています

しかし、魅力は外見だけでなく中身も超ハイスペック

ITを学ぶために、アメリカの大学に進学したディーンフジオカさん。

日本語・英語・中国語・バハサインドネシア語の4ヵ国語を話すマルチリンガルなんです

大学卒業後はアジアで俳優はもちろんのこと、モデルやアーティストとしてもグローバルに活躍していました。

その行動力や多彩な才能も、とても魅力的ですよね

ディーンフジオカ 家族

そして、愛妻家でイクメンとしても有名です。

ディーンフジオカさんは2012年に2歳年上のインドネシア人女性と結婚

今では3児のパパです

2016年「ホンマでっか!TV」に出演時には、結婚について語っていました

明石家さんまが「浮気なんかもちろんダメですね?」と聞くと「そうですね、もちろんそれは自分もしないって決めて結婚しているんで」と答えていた。

引用元:exciteニュース

発言もイケメンですね。

家族の話をしない俳優さんが多い中、堂々と家族の話をする姿は清々しいですね

女性から支持されるのもわかります。

まとめ:ディーンフジオカの演技が下手な3つの理由!人気の理由を調査してみた!

ディーンフジオカさんの演技が下手な理由と人気の理由を調査しました

ドラマ出演が多くなってから、演技に対するダメ出しが多くなっていることがわかりました。

それでも、ドラマ出演が多いのは人気がある証拠ですね。

ディーンフジオカさんの今後の活躍にも注目です。

目次
閉じる