ディーンフジオカの歌が下手な3つの理由!動画で実力を検証してみた!

俳優映画監督モデル歌手など様々な活動をグローバルに行っているディーンフジオカさん。

マルチに活躍するディーンフジオカさんですが、正直その歌唱力については疑問視する声も。

今回は、ディーンフジオカさんの歌が「下手」と言われてしまう理由について調査していきます。

目次

ディーンフジオカの歌が下手な3つの理由!

ディーン・フジオカ

ディーンフジオカさんは1980年8月19日生まれの41歳(2022年5月現在)。

その名前と整った顔立ちからハーフかと思いきや、生粋の日本人です。

5ヶ国語を自由に操り、グローバルに活躍するディーンフジオカさん。

現在は、日本テレビパンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜』に主役として出演しています。

マルチに活躍しているので、俳優だけでなく歌手として歌番組に出演することも。

しかし歌番組に出演するたび、その歌唱力について批判的な声もあがっています。

では、ディーンフジオカさんが『歌が下手』と評されてしまう理由について細かくみていきましょう。

①音程が取れていない

ディーンフジオカ

歌の上手い下手を判断する時の1番基本的なところですね。

しかし、歌番組で歌う姿を見た視聴者からは「音程が取れていない」との意見が多数あがっていました。

ディーンフジオカさんの音程が時々不安定になるのは、ファンの間でも認識されていることだとか。

ファンは歌の上手い下手ではなく、歌声を通して伝わってくる強い想いに心惹かれているのでしょう。

②ラップが下手

ディーンフジオカ

ラップは通常の歌以上にリズム感がとても重要になってきます。

そして、ただでさえラップに対する世間の評価は厳しいものが。

ディーンフジオカさんも決して例外ではなく厳しい意見が飛び交っていました。

こちらは、実際にラップを即興でやっている様子。

ディーンフジオカさんのラップ以上に、黒柳徹子さんのビートボックス衝撃です…。

③歌詞がダサい

ディーンフジオカ

自身で歌う楽曲の作詞作曲を手掛けているディーンフジオカさん。

しかし、その歌詞に対しても厳しい評価が。

ディーンフジオカさんの楽曲について、私は洋楽的な要素を多く含んでいると感じました。

洋楽を日本語に直訳するとちょっとダサくなってしまう歌詞もありますよね。

ディーンフジオカさんは考え方もグローバルな方なので、楽曲にもその影響が出ているのかもしれません。

ディーンフジオカの歌が下手・動画で実力を検証してみた!

ディーン・フジオカ

ここからは実際の歌番組での歌唱動画を見ながら、ディーンフジオカさんの実力を検証していきましょう。

・2019年1月18日Mステ2時間スペシャル

ディーンフジオカ

少しウィスパー気味に歌う声がとてもセクシーですね。

しかし、「これで音合ってるのかな?」という箇所がちらほら。

特にサビ以外の、囁くようなパート音程リズム不安定なように感じました。

・2019年12月27日Mステスーパーライブ

ディーンフジオカ

高い語学力を生かし、日本語英語中国語を織り交ぜられた楽曲に仕上がっています。

最初に喉を触る仕草をしていますね。

喉の調子があまり良くなかったのでしょうか。

この時のSNSでは、外見への賞賛が大多数でした。

確かに、ディーンフジオカさんは誰もが認めるイケメンですよね。

この顔だからこそ、歌声への期待値も知らぬ間に上がっているのでしょうか。

・2021年3月8日CDTVライブライブ

ディーンフジオカ

この日は、全体的に半音程度ズレているでしょうか。

大きく外してはいませんが「何かが違う」と聴き手が感じてしまう、そんな歌声に感じました。

・2021年7月3日MUSICDAY

ディーンフジオカ

この動画では短すぎて、歌唱力の高さについては良く分かりませんね。

しかし動画出だしの音程不安定でしょうか。

見て分かる通り、ディーンフジオカさんは自身が作った楽曲その歌声自信を持っているのが伺えます。

そして、音楽を心から楽しんでいるのが伝わってくるのです。

それはとても大切なことで、その姿を見てファンは心惹かれ応援したくなるのではないでしょうか。

まとめ:ディーンフジオカの歌が下手な3つの理由!動画で実力を検証してみた!

今回は、ディーンフジオカさんの歌が下手と言われてしまう理由について、調査してきました。

技術面では色々言われることもあると思いますが、音楽を楽しんでいるのがとても伝わってきます。

これからも音楽を楽しみながら、マルチにご活躍されることを期待しています!

目次
閉じる