FAQs・よくあるご質問 | 「TIMBUK2(ティンバックツー)」日本公式サイト

イメージテキストイメージテキスト

製品の購入について

クロスストラップやリフレクターテールなどのパーツは購入出来ますか?
はい。パーツページから購入可能です。 → パーツページヘ
実際に手にとって購入できる正規販売店を教えて下さい。
当ホームページ内リストをご参照ください → 正規販売店リストへ
USAサイトに掲載している商品を取り寄せることは出来ますか?
申し訳御座いませんが、当サイトに掲載させて頂いている商品のみの取り扱いとなりますので、ご了承下さい。
クラシックメッセンジャーのカスタムカラーオーダーを行いたいのですが。
当サイトにて行えます。また、生地他のパーツを確認しながらオーダーは下記店舗にて行っております。
・TIMBUK2 TOKYO店
・TIMBUK2 コピス吉祥寺店
・小田急ハルク地下1階トラベルコーナー
・TIMBUK2新宿マルイメン店

→上記店舗の詳細は「正規販売店リスト」にてご確認ください
クラシックメッセンジャーの新しいカラーはいつ頃発売しますか?
ブラックなどの定番カラーを除く殆どのカラーは、春夏、秋冬と年2回カラー変更を行います。クラシックメッセンジャーの正面を飾る3枚のパネルカラーは、無限大のカラーバリエーションを実現させてくれます。その特徴を生かし、季節ごとその時々にあうカラーを随時発売致しますので、定期的に当ホームページを確認下さい。

製品の機能について

クラシックメッセンジャーは防水ですか?
バック内側のライナーに防水性の高いTPU素材を使用していることにより、より防水性を高めておりますが、完全防水バックではございません。
*環境へのインパクトが少ないTPU素材を使用
クロスストラップは何のためについているのですか?
私たちのメッセンジャーバッグは、バッグを身体に安定させるために、最初はシンプルなウエストストラップしか装備していませんでした。しかし、より高い安定感を得るために、当時のメッセンジャー達がウエストベルトの一端をはずし、ショルダーストラップにつけているのを知りました。このクロスストラップのバッグルは胸骨のあたりに位置することで、高い安定感を生み出します。また、バッグの中身の出し入れの際にも、ストレスなく簡単に取り外しが出来る仕様となっています。

製品の使い方について

Timbuk2はどのようにメンテナンスをすればよいでしょうか?
下記バックは、洗濯機での洗濯可能です(洗濯ネットに入れて「手洗いコース(ドライコース・ソフトコース)」などのやさしい水流にて)。
Rapid Pack
Rift Tote-Pack
Raider Pack
その他のバックは、汚れが目立つ際には、ぬらした布等で汚れた箇所を部分的にふき取ってください。
クロスストラップの使い方を教えてください。
クロスストラップは、バッグ底部のDリングとショルダーストラップを結びつけて使います。
下図左のように、バッグ底部のDリングにベルクロのついていない方の金具を取り付け、ショルダーストラップの胸付近の位置にベルクロのついたバックルを取り付けて、バッグが背中に固定されるように調整します。
  • イメージ
  • イメージ

一連の動作はYouTube動画でもご覧いただけます。⇒クロスストラップ

ストラップがバックルから外れてしまいました(旧タイプ)。
ショルダーストラップとストラップが離れてしまっている場合は、下記の順でストラップを固定してからご使用ください。
  1. カムバックル上部よりストラップの端を通します。
  2. 内側に円を描くように大きく伸ばし、端を固定具に下から通します。
  3. さらに上に向かって通し、この位置でしっかり固定します。
  4. 背負う際の長さの調節はカムバックルで行います。
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

クラシックメッセンジャーの各バックルタイプの取り付けイメージは下記のとおりです。

  • イメージ メモリーアジャストカムバックル
    (2010年モデル以降)
  • イメージ ランスルーカムバックル
    (2008~2009年モデル)
  • イメージ クラシックカムバックル
    (2009年の一部モデルと2008年以前及びクラシックメッセンジャー´89)

一連の動作はYouTube動画でもご覧いただけます。⇒ストラップの取扱方法

PAGE TOPへ