藤井聡太の最終学歴は中卒!高校中退した理由が衝撃的だった! 

藤井颯太

藤井聡太さんが史上最年少19歳と6ヶ月で、5冠を達成しました。

大学まで進学すると思われていましたが、高校卒業間近の2021年1月に高校を中退しています。

藤井聡太さんが、高校を中退した理由を調査していきます。

目次

藤井聡太の最終学歴は中卒!

藤井聡太 中学

藤井聡太さんは国立「名古屋大学教育学部付属高校」に通っており、卒業間近に自主退学しています。

中学校は受験をして難関中学校として知られている「名古屋大学教育学部附属中学校」を卒業しています。

このため、最終学歴は中学卒業となります。

将棋の世界で中卒は珍しくない

藤井聡太

一般的には、高校までは行って当然と思われているので、中卒だとびっくりします。

ですが、将棋の世界では珍しくありません。

プロ棋士を目指す多くの人が、10代から20代前半に「奨励会」で過ごします。

実力至上主義の将棋界において、学歴は不問だ。

昭和までは、棋士は中卒が普通だった。

だが、将棋の勉強に専念するために、高校を中退する者は珍しくない。

引用:smart FLASH

同じ志を持つ年代の方々が、棋士の学校で学ぶというイメージですね。

中卒の棋士

近年でも高校に進学しなかったり、高校を中退する方は少なくありません。

トップ棋士の一人である久保利明九段(45)は、高校を1年で中退した。

現在の将棋界4強の一人、永瀬拓矢王座(28)は高校をわずか2日で辞めている。

藤井二冠の師・杉本昌隆八段(52)は、高校に進学していない。

引用:smart FLASH

藤井聡太さんの師匠は、高校に行くことも、辞めることも干渉はしていませんでした。

藤井にとって大切だったのは、卒業ではなく、そこで過ごした時間だったはずです。

引用:smart FLASH

杉本昌隆八段は高校を卒業しなくても、そこでできる友達や経験が大切であるという意見でした。

プロの棋士になるために、学歴や年齢は関係ないということがよくわかります。

藤井聡太が高校中退した理由が衝撃的だった! 

藤井聡太

藤井聡太さんは地頭も良く、成績面では問題なく高校を卒業できたではずです。

なぜ、高校を中退したのでしょうか?

その理由としては「将棋に専念したいから」「出席日数が足りなかったから」といった理由がありました。

①将棋に専念

藤井聡太

10代で自分の進路を実績出した上で、決断した藤井聡太さん。

彼の将棋に対する熱意を感じました。

タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました

秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます

引用:スポーツ報知

②出席率と棋士活動

愛知県瀬戸市に住んでいるため、将棋連盟の拠点は、東京・関西・北海道への移動はかなりの負担。

18年の入学時から既に棋士として活動しており、東京や大阪への遠征で授業を欠席せざるを得ないことが多かった。

引用:スポーツ報知

特に学業と棋士の両立は、地方出身の方達には時間的越えられない問題がありました。

藤井聡太の出身小学校 

藤井聡太 小学生

出身小学校は愛知県瀬戸市にある、瀬戸市效範(こうはん)小学校です。

卒業生には、メルカリの創業者の山田進太郎さんがいます。

評判の良い小学校でレクリエーションなどにも力を入れており、藤井聡太さんも様々な経験ができたでしょう。

子供にのびのびと楽しく教育してくれていると思います。

時には郊外授業なども取り入れ、飽きさせずに授業をしています。

引用:みんなの小学校情報 愛知

藤井聡太さんは5歳の頃から将棋を始め、小学校4年生で奨励会に入会します。

奨励会に入会するのもかなり狭き門、棋士としてはエリートコースです。

藤井聡太の最終学歴は中卒!高校中退した理由が衝撃的だった!

どこまでも、進化・成長し続ける藤井聡太さん。

高校を中退した理由は、自分の全ての将棋に費やすためでした。

今後の活躍にも、注目したいと思います。

目次
閉じる