古谷一行の死因は自殺やコロナワクチン?事故や肺がんの再発が予期せぬ出来事?

古谷一行

2022年9月2日に、俳優の古谷一行さんが死去したことを、所属事務所が発表しました。

古谷一行さんが亡くなったのは10日前の2022ん年8月23日で、「予期せぬ出来事に見舞われてしまいました」と発表しており、死因については明らかになっていません。

事務所が死因をはっきりと公表していないことから、様々な憶測が飛んでいます。

古谷一行さんの本当の死因は、一体何だったのでしょうか?

2011年には肺がんを患い舞台を降板、休養していたことや、基礎疾患があることからコロナやコロナワクチンが原因の可能性などについても、調べてみました。

目次

古谷一行の死因は何?所属事務所が「予期せぬ出来事に見舞われた」と発表

2022年9月2日に俳優の古谷一行さんの「訃報」を、所属事務所のフロム・ファーストプロダクションが公式サイトに発表しました。

弊社所属俳優 古谷一行が2022年8月23日(火)永眠いたしました。

所属事務所が訃報を発表したのは、亡くなった日の10日後でした。

有名人の訃報は翌日、または翌々日などに発表されることが多い印象ですが、何故10日後の発表だったのでしょうか?

既に家族のみで葬儀が執り行われた後だったので、ご家族の意向だったのでしょうか?

遺族の意向により葬儀は、家族のみですでに執り行われた

引用元:オリコンニュース

さらに死因について明らかにしておらず、「予期せぬ出来事に見舞われて」と表現しています。

病克服後、次なる挑戦に向けて、家族の見守りと共にトレーニングに通う日々を送っておりました矢先、この度の訃報となる予期せぬ出来事に見舞われてしまいました

余りにも突然な事に、ご遺族のご心痛は、計り知れないものでございます

引用元:オリコンニュース

これにはSNSでも、様々な憶測が飛んでいました。

古谷一行さんの死因は一体何だったのでしょうか?SNSの声などから、調べてみました。

古谷一行の死因は自殺やコロナワクチン?事故や肺がんの再発が予期せぬ出来事?

古谷一行さんは2011年に肺がんが見つかり、舞台を降板して休養していました。

所属事務所は「病克服後、トレーニングに通う日々だった」と綴っていますが、2022年7月28日の女性セブンでは、激やせと芸能界引退説も浮上していると報じていました。

ドラマや映画のオファーがあっても、一昨年からそれらの仕事を断っている

病院にも頻繁に通っているそうで……。

このまま表舞台から姿を消してしまうのではないかという声も

引用元:女性セブン 2022年7月28日

2020年には肺がんが脳にも転移していましたが、放射線治療で2年後にはすべてなくなっていたとのこと。

しかしさらにがんの転移が見つかり、自暴自棄になって自殺…。という可能性もあるかもしれません。

また肺がんを患ったことから基礎疾患があるため、コロナやコロナワクチンを接種したことで亡くなったのでは?という憶測もありました。

所属事務所が「余りにも突然な事に、ご遺族のご心痛は、計り知れないものでございます」と表現していることから、不慮の事故やがんの転移により急死という、突然の別れだったことも考えられます。

今後、はっきりと死因が公表されることはあるのでしょうか?

古谷一行さんのご冥福をお祈りいたします。

こちらの記事もチェック↓

目次