堀田茜の演技が下手な3つの理由!過去の出演作を調査してみた!

堀田茜_TOP

堀田茜さんは本業のモデルはもちろん、現在はバラエティ番組でも大活躍です。

そんな堀田茜さんはドラマにも度々出演しています。

しかし、正直演技力の評価は決して高いとは言えず「下手」と言われてしまうことも。

今回は過去の出演作も確認しながら、下手と言われる理由について調査していきます。

目次

堀田茜の演技が下手な3つの理由!

堀田茜

堀田茜さんは1992年10月26日生まれの29歳(2022年4月現在)。

バラエティの印象も強い堀田茜さんですが、女優としても活躍しています。

・『志村座』 フジテレビ

・『THE突破ファイル』 日本テレビ

・『世界の果てまでイッテQ!』  日本テレビ

2022年ドラマ『インビジブル』では、刑事役に挑戦している堀田茜さん。

しかし初回放送後、その演技にSNS上では厳しい意見が目立ちました。

何故、堀田茜さんの演技が「下手」と言われてしまうのか、その理由を細かく見ていきましょう。

①棒読み

堀田茜

台詞の棒読みは、視聴者が演技の下手さを感じやすいポイントのひとつ。

感情を込めていても、台詞を言わされている感が出てしまうと受け取り側は違和感を感じます。

無骨な男勝りな役柄が明るい堀田茜さんとあまりマッチしていないのも、要因のひとつかもしれません。

②大袈裟

堀田茜

これはバラエティ番組での経験が関係しているのでしょうか。

バラエティでは通常、あえて感情を大袈裟なほど大きく表現します。

喜怒哀楽等の感情が視聴者に伝わりやすい

・そのリアクションも含め、笑いが起きやすい

ドラマなど演技の仕事では、オーバーリアクションが裏目に出てしまうことも。

動きが大きいといかにも「演技してます!」というような印象を与えてしまいます。

特にシリアスな役柄の場合、それが顕著に出やすいのではないでしょうか。

③表情の演技

堀田茜

表情の演技が、というと表情が乏しい印象がありますが、堀田茜さんはその逆

表情がコロコロ変わるのは魅力ですが、あまりオーバーすぎるとバラエティ色が強くなります。

時にはコントのように感じてしまう人も。

しかし、それは同時に表情が豊かということ。

堀田茜さんのイメージに合った役に出会えれば、好印象に感じる人も多くいるかと思います。

堀田茜の演技が下手・過去の出演作を調査してみた!

堀田茜

堀田茜さんは過去作品で主演も果たしています。

・2019年10月 映画 『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜

・2022年3月 ドラマ 『恋と友情のあいだで「里奈Ver.」』 フジテレビTWO、フジテレビ

しかしSNS上では演技の評価は少なく、堀田茜さんの容姿を絶賛する意見が多かったです。

これは主演作品に限ったことではなく

可愛い

顔が好き

などの理由で作品を観ている人が多々見られました。

その他の作品について、演技の評価をまとめました。

・2018年~「突破ファイル」

堀田茜

こちらはバラエティ番組内の再現VTR内での出演。

演技に関しては賛否ありますが、比較的高評価が多かったと思います。

バラエティでの演技は、大きいリアクションの方が分かりやすくて好まれやすいのでしょう。

・2019年「3年A組」

堀田茜

視聴率も高く人気作だったこのドラマに、教師役として出演していた堀田茜さん。

重要人物だっただけに期待も大きく、より世間の評価が厳しくなったとも考えられます。

・2021年「アバランチ」

堀田茜

演技が自然だった」という声もありますが、シリアスな役の演じ方について違和感を感じる人も。

ただ、”自然な演技“と”不自然な演技“は、受け取る側の感覚なので線引きが難しいところですよね。

立教大学のミスグランプリで『準ミス立教』を獲得した堀田茜さん。

女優をする上でも『顔が可愛い』という長所は、大きなメリットになりますよね。

演技力を磨き上げつつ、その美貌も武器にし、これからも演技の仕事にチャレンジしていってほしいです。

まとめ:堀田茜の演技が下手な3つの理由!過去の出演作を調査してみた!

今回は堀田茜さんの演技が下手と言われる理由について、調査してきました。

モデルにバラエティ、そして女優業。

マルチに活躍する堀田茜さんの、更なる飛躍を期待しています!

目次
閉じる