石川花はアメリカ人のハーフ!色白や名前の由来からロシア系なのか調査!

石川花

石川花さんは、「2022ミス・ティーン・ジャパン」グランプリを当時14歳で受賞しました。

現在は、雑誌「Seventeen」の専属モデルや、歌手活動を行っています。

石川花さんがアメリカ人のハーフで、ロシア系なのかについて調査していきます。

目次

石川花はアメリカ人のハーフ!

石川花

石川花さんは、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフです。

黒髪で瞳も茶系なので一見すると生粋の日本人に見えますが、小顔で手足が長く体型は日本人離れしています。

アメリカ人と一言で言っても、アメリカは移民が多い国のため様々な人種がいます。

石川花さんの肌の白さや体型を見ると、父親はヨーロッパにルーツを持つアメリカ人の可能性が高そうですね。

石川花

父親がアメリカ人のハーフで、得意な教科は「英語とか国語」という石川。

「いつかは海外でもライブができたらカッコいいかなと思います」と笑みを見せた。

引用元:ヤフーニュース

普段から父親と英会話をしているため、英語の歌詞も発音がとてもキレイです。

石川花の色白や名前の由来やからロシア系なのか調査!

石川花

石川花さんは、白人のような透明感のある色白の肌が印象的です。

北海道出身のハーフなので、ロシア系にルーツがあるのでは?と言われていました。

多くの人が、ロシアとのハーフだと勘違いしています。

実際には石川花さんはアメリカのハーフであり、ロシアとのハーフやクォーターではありません

もしかすると、アメリカ人の父親はロシアにルーツを持つ可能性もありますが、詳細は不明です。

名前の由来

石川花

石川花さんは「花」=「はんな」と読みます。

日本人だと通常「はな」と読むことが多いので、珍しい名前ですよね。

ハンナは、恩恵・恵みを意味するヘブライ語の人名「カンナハ」に由来すると言われます。

石川花

ハンナはロシア系とは限定されず、ヨーロッパでよく使われる女性名です。

名前の「花」は花のような美しさを持ち、読み方の「ハンナ」は海外でもすぐに覚えてもらえるようにと、名付けられた。

引用元:日刊スポーツ

「花」という名前は日本でも海外でも活躍できるようにと、グローバルな視点で名付けられたのです。

石川花

石川花さん自身もいつかは海外で歌手活動したいと考えており、両親の願った通りに成長しています。

調査の結果、石川花さんはロシアではなくアメリカ人とのハーフだと分かりました。

まだ15歳という若さで広い視野を持っているので、海外デビューも実現できそうですね。

今後も石川花さんの成長から、目が離せません

こちらの記事もチェック↓

目次