石川花の名前の読み方は「はんな」!由来はロシア系ハーフだから?

石川花

石川花さんは現在15歳という若さで、モデル・歌手として活動しています。

2022 ミス・ティーン・ジャパン」にて、応募総数7,524人の中からグランプリを受賞しました。

石川花さんの名前の読み方は「はんな」で、由来についても調査していきます。

目次

石川花の名前の読み方は「はんな」!

石川花

石川花さんの名前は、「花」を「はんな」と読みます。

通常は「はな」と読むので、とても珍しい読み方ですね。

日本でも海外でも使えるような名前にしたくて

海外でも多く使われている名前のハンナにしたというのと、花のように美しくという意味で花に当て字でハンナと両親がつけてくれました。

引用元:ヤフーニュース

石川花

海外での活躍を想定して名付けるとは、国際的な視野を持った両親ですね。

続いては、石川花さんの両親についても調べていきます。

石川花の名前の由来はロシア系ハーフだから?

石川花

石川花さんは透明感のある色白の肌小顔で手足の長い日本人離れした体型をしています。

実は父親がアメリカ人で、石川花さんは日本とアメリカのハーフだったのです。

一見すると、黒髪で日本語も流暢なのでハーフだと気づかない人も多いですね。

石川花さんの肌色からすると、白人が多いヨーロッパをルーツに持つアメリカ人である可能性が高そうです。

石川花

ハンナ はヨーロッパ系の女性名

「恩恵」「恵み」を意味するヘブライ語の人名カンナハに由来する。

引用元:Wikipedia

外国人にも馴染みがある発音にすることで、海外でも名前を覚えてもらいやすくなります

石川花さんの両親は娘が世界でも通用するようにと願いを込めて、メジャーな名前「ハンナ」と名付けたのでしょう。

ロシア系のハーフ?

石川花

北海道はロシアに近いため、ロシアとのハーフやクォーターの人が多いと言われています。

石川花さんは北海道出身ですが、ロシアではなくアメリカと日本のハーフです。

SNS上でも多くの人が、石川花さんをロシアのハーフだと勘違いしていますね。

出身地が北海道で、色の白さもロシア人に近いことから連想したのでしょう。

石川花さんの名前の読み方と、由来について調査しました。

両親の願い通り、石川花さんが日本だけでなく海外でも活躍する日が楽しみですね。

こちらの記事もチェック↓

目次