市川ぼたん(麗禾)が暗くて可愛くない3つの理由!どんな性格なのかも調査!

四代目市川ぼたんさんは市川海老蔵さんの娘で、現在日本舞踏家として活躍しています。

最近メディアへの露出も増えてきている市川ぼたんさん。

それと比例するように、SNS上では様々な意見を目にすることも増えてきました。

今回は市川ぼたんさんは「可愛くない」と言われてしまう理由性格について、調査していきましょう。

目次

市川ぼたん(麗禾)が暗くて可愛くない3つの理由!

市川ぼたん

四代目市川ぼたんさんは、2011年7月25日生まれの11歳(2022年9月現在)。

本名は堀越麗禾(ほりこしれいか)さんで、歌舞伎役者市川海老蔵さんと、元アナウンサーでタレントの小林麻央さんの長女です。

自身の叔母から日本舞踏市川流『市川ぼたん』を譲られ、2019年正式に四代目市川ぼたんを襲名しました。

日本の舞踊家として活躍する一方、最近ではテレビドラマにも出演。

・『桶狭間 OKEHAZAMA〜織田信長〜』(2021年3月、日本テレビ)

・『二月の勝者-絶対合格の教室-』(2021年10月-12月、日本テレビ)

2022年には「DC がんばれ!スーパーペット」で、声優デビューも果たし話題になりました。

小学生でありながら自身のフィールドを広げるかのように、精力的に活動している市川ぼたんさん。

・日本舞踏

・新型歌舞伎(プペル)

・テレビドラマ

・声優

そんな市川ぼたんさんの母親である、小林麻央さんが他界したのが2017年

当時、市川ぼたんさんと弟の堀越勸玄くんはまだ幼く、日本中が涙しました。

その時の印象が色濃く残り、まるで親戚のように「もうこんなに大きくなったのか」と感じている人も多いのでは。

しかし、市川ぼたんさんについて「可愛くない」というかなり厳しいコメントもちらほら。

そう言われてしまう理由について、調査してみました。

①目が斜視

市川ぼたん

市川ぼたんさんは「斜視ではないか」と言われています。

確かに正面からの写真だと斜視気味にも見えますね。

しかし斜視は自然に治ることもありますし、もちろん治療することができます。

・矯正用の眼鏡コンタクトを着用

斜視手術を受ける

そこまで酷い斜視ではないと思いますが、本人が気になるようなら治療するというのもひとつの手ですね。

②歯並びが悪い

市川ぼたん

チラッと覗く八重歯が可愛らしい市川ぼたんさん。

しかし女の子だからでしょうか、歯並びについての意見は多く見られました。

確かに歯科矯正をして歯並びが綺麗なると、顔の印象もかなり変わりますよね。

俳優女優インフルエンサーのみならず、一般人歯にお金をかける人が増えている近年。

大人になってから矯正する人も多いですが、子供の頃になおすことも多いです。

子供の歯科矯正は『第1期治療』と『第2期治療』があります。

それぞれの開始時期は

・第1期治療:7〜9歳(乳歯が生え変わって永久歯になる途中段階の混合歯列期

第2期治療:12歳前後〜(大人と同じ永久歯矯正

となっており、今から歯科矯正するとすれば市川ぼたんさんは第2期治療になりますね。

金銭的な心配は全くなく、ましてや市川ぼたんさんは舞踊家子役として人前に出る仕事

それらを考慮すると、市川ぼたんさんが歯科矯正を開始する日も遠くないでしょう。

今以上に可愛くなった姿を見れると思うと、今から楽しみですね。

③口元のほくろ

市川ぼたん

市川ぼたんさんの顔の特徴のひとつに、口元のほくろがあります。

これについては、SNS上でも肯定的な意見が多かったです。

大人の女性からしたら、セクシーさが増す口元のほくろは羨ましい人も多いのでは。

口元のほくろは色々な意味がありますが、「一生食べ物に困らない幸運の証」とも言われています。

幸運の証と共に、これからもっと沢山の幸せを掴んでいってほしいですね。

市川ぼたん(麗禾)はどんな性格なのかも調査!

市川ぼたん

市川海老蔵さんのブログInstagramからは、しっかり者のお姉さんの印象を受ける市川ぼたんさん。

実際の市川ぼたんさんは、どんな性格なのでしょうか。

以前インタビューで自身の性格について、以下のように話しています。

・家や学校では明るく面白い

・撮影現場では比較的おとなしい(普通

場所や関わる人に慣れるまで、なかなか本来の自分を出せないのでしょう。

現在11歳、自分のフィールドではない現場で緊張遠慮があるは当たり前ですよね。

舞台挨拶インタビュー、その他の仕事ぶりを見ていて礼儀正しい」という印象も強く受けました。

現に京セラドーム大阪始球式を行った時の映像にも、以下のような好意的なコメントが溢れていたほど。

礼儀正しい

所作が綺麗でさすが

好感しかない

幼い頃から歌舞伎日本舞踏など、大人の世界で育ってきた市川ぼたんさん。

「自分に厳しい」という一面もあるとのこと。

自身の演技について100点満点中「30点」と、かなり厳しめの点数をつけていたのが印象的でした。

早口だったりとかそういうのを見てもうちょっとゆっくりしゃべろうかな、とか。なんか慌てちゃうんですよ。

引用:日テレNEWS

この年頃で、自分に対してここまで厳しく客観的に見れるのはすごいですね。

さすが幼い頃からプロの現場鍛えられてきただけあります。

これから、様々なことにチャレンジしていくであろう市川ぼたんさん。

更に外見、内面共に成長していく姿を、応援しながら見守っていきたいですね。

    

こちらの記事もチェック↓

目次