サラの子供の父親は本当に久保優太?産むのか妊娠きっかけに再婚するのか調査!

2022年6月1日格闘家でYouTuberの久保優太さんと、元嫁のサラさんが、動画で妊娠を報告しました。

2人は2022年2月11日に、YouTubeで離婚を発表しています。とはいえ関係を一旦フラットにし、カップルに戻るとのことでした。

そんな2人の間に子供ができたということで、サラさんの子供の父親は本当に久野優太さんなの?といった疑問の声や、妊娠を歓迎していない様子から、批判の声もあがっています。

久保優太さんとサラさんは、子供を産むのでしょうか?また妊娠をきっかけに再婚する可能性についても調べてみました。

目次

久保優太とサラがYouTubeで妊娠発表!

2022年6月1日、格闘家の久保優太さんと元嫁のサラさんが、子供ができたと発表しました。

本来ならおめでたいニュースであるはずが、ネガディブな内容のYouTube投稿に、ファンからも残念といった声があがっています。

2人はどんな決断をするのでしょうか?またサラさんの子供の父親は本当に久保優太さんなの?といった疑問の声まであがっています。

疑いの声があがっている原因や、今後の久保優太さんとサラさんの関係がどうなるかについても調べてみました。

サラの子供の父親は本当に久保優太?

サラさんがドバイにいく前の出来事で、先日まで滞在していたドバイで体調不良になり妊娠が発覚

久保は「あの一回で? ビックリじゃない?」

サラも「しかも避妊はしたよね」

引用元:ヤフーニュース

予想外の出来事だったようで、2人の発言から本当に久保優太さんが父親なの?と疑問の声もあがっていました。

公開したYouTube動画を時系列で並べました。

・2022年4月13日「3年ぶりにHしました。サラちゃんと。」

・2022年5月30日「妊娠しました」

・2022年6月1日「【妊娠】確定しました。今後について話し合います。」

タイミング的に久保優太さんが父親とみて、間違いなさそうですが、2人が離婚していることやサラさんがドバイにいたことなどから、本当に2人の子供なの?と疑われても仕方がないかもしれません。

サラは子供を産むのか妊娠きっかけに再婚するのか調査!

久保優太さんとサラのYouTube動画では、産むのかどうか話し合う様子が公開されています。

2人の言葉のチョイスがヤバいといった声も見られました。

久保優太 サラ 子供 妊娠

久保優太「健康な赤ちゃんができてました。極めて健康な」

引用元:ヤフーニュース

久保優太さんは育児に前向きで、是非産んで欲しい!と発言しています。一方でサラさんは「覚悟が決まらない」「今すぐ子供が欲しいわけではない」などと、ネガディブな発言を連発していました。

サラの発言 引用元:YouTube「サラ久保ちゃんねる」

現実を受け入れられてない

やりたいことがまだまだあるし、タイミングじゃないと思った

お母さんも縁切るって言ってる

久保ちゃんが子供が欲しいと思えない

親になる自信もないし悪いけど

産んでもないのにギブアップしている(つわりで)

サラは親になる資格がないと思う

今すぐ子供が欲しいわけではない

当分、路上ライブができない

全然覚悟決まらない

サラさんはつわりで体調だけでなく、精神的にも不安定な時期です。ネガディブな気持ちになるのは理解できますが、子供を産むのに前向きでない様子が伝わります。

久保優太の発言 引用元:YouTube「サラ久保ちゃんねる」

自分が親になるのを考えたこともなかった

心臓の鼓動を聞いて運命を感じた

お互いの家族はみんな反対している

子どもを育てる自信があると思った

一方で久保優太さんは、赤ちゃんの心臓の音に感動し、子育てに意欲的な発言を繰り返していました。

2人の気持ちにかなりの温度差がありますが、今後どうするのでしょうか?

産むと決めたら再婚するのが理想的ですが、久保優太さんが改めて結婚する決意をどのように固めるのでしょうか?

離婚を決意した理由も意味不明だと言われており、久保優太さんは本当に父親としてやっていけるのか疑問に思う部分もあります。

自分が海で溺れている状態だから、サラちゃんに巻き添えを食らわすわけにはいかないから1回、関係をリセットしたい」

引用元:2022年2月11日YouTube動画「二人の今後について結論が出ました。

YouTubeでの報告を待ちたいと思います。

まとめ:サラの子供の父親は本当に久保優太?産むのか妊娠きっかけに再婚するのか調査!

久保優太さんとサラさんの妊娠報告から、今後2人がどういう決断をするのか調べてみました。

そもそもサラさんの子供の父親は、久保優太さんなの?といった疑問の声もあります。

様々な声もあがっていますが、2人が後悔のない決断ができることを願います。

目次
閉じる