クワクボリョウタは作品破損でコメントは怒り?裁判の可能性や美術館の管理体制も調査!

クワクボリョウタ 作品 破損 コメント

2022年6月6日に明らかとなった、新潟美術館の作品破損。被害に合ったのは2点のうち、1点はクワクボリョウタ(桑久保亮太)さん作「LOST#6」で、修復不可能なまでに破壊されました。

この事件に対しクワクボリョウタさんは、どういった心境でいるのでしょうか?

また作品の損害賠償などを求め、彼が裁判を起こす可能性や、美術館の管理体制についても調べてみました。

目次

新潟美術館で中学生が美術作品を2点破損させる

2022年4月21日、修学旅行で十日町市にある越後妻有里山現代美術館MonET(モネ)に訪れていた新潟市の中学生が、展示作品2点を破損させました。

破損作品

「LOST#6」(作者:クワクボリョウタ)

「Wellenwanne LFO」(作者:カールステン・ニコライ)

十日町市は壊された作品の損害賠償を新潟市に求め、美術館側は警察に被害届を提出しています。

クワクボリョウタさんの「LOST#6」は全壊状態で、修復不可とのことでした。

作品破損を受けクワクボリョウタさんはコメントなどを出しているのでしょうか?また今後の損害賠償や裁判の可能性など、詳しく調べてみました。

クワクボリョウタは作品破損でコメントは怒り?

今回の事件により、クワクボリョウタさんの貴重な作品が破損されてしまいました。クワクボリョウタさんはどのような心境なのでしょうか?

現時点ではコメントなどを発表していませんが、怒りと悲しみでやり場のない感情を想像できます。

影絵という作品の性質上、全く同じ影と光の組み合わせを再現するのは不可能と考えられます。

「LOST #6」作品説明
ゆっくりと動く光源によって、床に置かれた十日町の織物機具の一部や農機具、この地域で使用されてきた用具などを大きく壁に投影する作品。

人々の営みを支えた微細な道具が、まるでこの地域の風景のように見えるのが特徴です。

引用元:eeePLAN

「LOST #6」は十日町の伝統的な織物器具や、農機具をモチーフにされた作品。文化的な要素も含み現代美術としても重要な価値があるものです。

新潟市、破損させた中学生や中学校の真摯な対応に期待したいです。

クワクボリョウタ作品破損・裁判の可能性や美術館の管理体制も調査!

今回の作品破損を受け新潟県十日町市は、壊された作品の損害賠償を新潟市に求め、美術館側は警察に被害届を提出したと報道されています。

美術館が被害届を出している形ですが、果たして美術館側にも全く落ち度はなかったのでしょうか?

事件が起こったのは2022年4月21日は木曜日、平日

土日に比べ来館者数は少ないと、監視員も休日に比べ少人数

またコロナ禍ということもあり、監視員も少な目に配置

美術館側も改めて展示方法や、注意喚起の張り紙など、管理体制を徹底する必要がある考えられます。

クワクボリョウタさんが美術館側や市に対して、作品の管理体制や賠償を求め裁判を起こすという可能性もあるのではないでしょうか。

幻想的な世界観で2度と同じ空間を作り出すのが難しいのが、クワクボリョウタさんの作品です。もう2度と「LOST#6」が見れないのが残念でなりません。

まとめ

最近の人気記事をチェック↓

目次
閉じる