前田敦子の演技が下手すぎる3つの理由!オファーされる理由を調査!

前田敦子さんといえば、AKBでアイドルとして活躍し、現在はフリーランスで女優活動をされています。

そんな前田敦子さんですが、演技が下手であるという声があがっています。

なぜ前田敦子さんの演技が下手と言われてしまうのか、理由を調査しました。

目次

前田敦子の演技が下手すぎる3つの理由!

前田敦子芸能界で高く評価されている前田敦子さんですが、なぜ演技が下手だという声が上がるのでしょうか。

アイドルの活動を続けながら女優としても数多くの作品に出演され、幅広い年代に認知されました。

前田敦子さんの女優としての経歴を簡単に説明します。

2007年4月 映画「あしたの私の作り方」 女優デビュー

2008年1月-3月 栞と紙魚子の怪奇事件簿 連続ドラマ初主演

2010年37日 龍馬伝に坂本春猪役 AKB48メンバー初の大河ドラマ出演

2011年64日 映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの【マネジメント】を読んだら」映画初主演

ここまではAKB48のアイドル活動と、女優活動を並行していました。

アイドルを卒業してからも、女優として多くの作品に出演しています。

2013年 成宮寛貴とダブル主演 映画「クロユリ団地」

2016年 長谷川博己さん主演 映画「シン・ゴジラ」

2019年 木村拓哉主演 映画「マスカレードホテル」

2020年 長澤まさみ主演 映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

女優としての演技力が評価され、数多くの名誉ある賞を受賞しています。

2012年 日本映画プロフェッショナル大賞 映画「苦役列車」 主演女優賞

2013年 日本映画プロフェッショナル大賞 映画「もらとりあむタマ子」 主演女優賞

2019年 TAMA映画賞 最優秀女優賞

なぜ彼女の演技が下手と言われるのか、理由を調査しました。

① 声が変

前田敦子

Twitterでは前田敦子さんの「声が変」という意見がありました。

噂になり始めたのは、20156月「水曜歌謡祭」で、前田敦子さんが「木綿のハンカチーフ」を生歌で披露した時からです。

・声量が小さい

・音程を外す

・CDとかけ離れた歌唱力

緊張のあまり声が出なかったり、音程を外してしまったのかもしれません。

② 役幅が狭い

前田敦子

前田敦子さんの感情の起伏が激しいことは、SNSでよく言われています。

過去に週刊誌では、元夫の勝地涼さんに罵声を浴びさせるといった報道があるほど。

業界関係者からも似たような声が聞かれます。

“現場でも機嫌を損ねると立ち直るのに時間がかかり、撮影やリハーサルなどがストップしてしまうことも珍しくない

とにかくスタッフは前田が気分を害さないように気を遣って大変でした。”

引用:Business Journal 2020624

Twitterでも、前田敦子さんの性格についての意見が多く書かれています。

前田敦子、嫌いぢゃなかったけど
マジでただただ性格悪いだけやん
みんな、色々背負ってたんだねーって、何背負ってたん?#THE夜会

— juice (@komakomapica) October 7, 2021

前田敦子さんの性格に好感が持てず、彼女自身を非難したコメントが多く見受けられました。

しかし、役柄によっては高い評価の声も上がっていました。

③ 視聴率が悪い

前田敦子

2007年に堀北真希さんが主演を務めた「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス」のリメイク版を、2011年に前田敦子さんが主演で演じました。

堀北真希さんが主演を務めた時と比べて、視聴率は大きく下回りました。

・堀北真希さん主演 最高視聴率 23.1%

・前田敦子さん主演 最高視聴率 10.1%

女優活動の経験が少ない前田敦子さんの、演技力の差が浮き立ってしまいます。

そういった理由が、彼女の演技が下手と言われてしまう理由にあるのでしょう。

前田敦子がオファーされる理由を調査!

前田敦子

前田敦子さんは酷評がある中、オファーされる理由はなんでしょうか。

SNSを中心に調査しました。

前田敦子さんはAKB48のアイドル時代、総選挙で1位になったこともあります。

大島優子さんや高橋みなみさんが在籍する頃は「黄金時代」と言われ、AKB48を知らない人はいない程の認知度。

そのため前田敦子さんが出演することにより、彼女のファン層に対する集客が可能となります。

まとめ:前田敦子の演技が下手すぎる3つの理由!オファーされる理由を調査!

前田敦子さんの演技が下手すぎるといった理由を調査しました。

声や性格についてのコメントや、他の女優と比較されていたことが原因だとわかりました。

未だAKB48時代からファンも多く、オファーが絶えないのだと思います。

厳しい意見もありますが、これからの活躍に期待したいですね。

目次
閉じる