目黒蓮の演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!時系列で出演作を調査してみた!

目黒蓮

ジャニーズグループSnow Manのメンバー、目黒蓮さん。

歌やダンスはもちろん、185cmと高身長でモデルもこなす、スーパーアイドルです。

ドラマや舞台でも活躍中ですが、演技が上手なのに下手と言われる理由を調査してみます。

目次

目黒蓮の演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!

目黒蓮

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのSnow Manのメンバーでありながら、ドラマや映画、舞台など、数々の作品に出演している目黒蓮さん。

世間ではその演技に対する評価が分かれています

上手いのに下手と言われてしまう理由はどこにあるのでしょうか?

①クールな役柄が多い

目黒蓮

目黒蓮さんが演じる役はクールな役柄が多く、演技しているように見えないという意見がありました。

クールな演技が棒読みに感じられてしまうと残念ですね。

②表情が変わらない

目黒蓮

クールな役柄にも関連して、表情が変わらないという声もありました

普段でも表情が変わらないのは、ファンの間でも話題になっていますね。

③原作のイメージと合っていない

目黒蓮

漫画や小説などの原作がある作品にも多く出演している目黒蓮さん。

原作の役柄と本人のイメージが違うと、原作を知っている人には受け入れられにくいですよね。

これも演技が下手と言われる原因の1つです。

原作のある作品はイメージが違うと批判されやすいですね。

目黒蓮の演技・時系列で出演作を調査してみた!

目黒蓮

ここからは、目黒蓮さんの出演作を時系列で見てみましょう

・2015年「お兄ちゃん、ガチャ」

目黒蓮

まだジャニーズJr.だった頃、岸優太さんや岩本照さんも出演していたこちらの作品。

目黒蓮さんは「お兄ちゃんズ」の中の「少年E」として出演しました。

まだ顔だちも演技も初々しい感じだったので、Snow Manデビュー後に目黒蓮さんが出演していたのだと気づいた人も多くいました。

当時は名前もない役でしたが、Snow Manとしてデビューし、たくさんのメディアに出演できるようになった努力を讃える声が聞かれました。

・2019年「簡単なお仕事です。に応募してみた」

目黒蓮

目黒蓮さん、岩本照さん、ラウールさん、渡辺翔太さんの4人が主演を務めたこちらのドラマ。

4人が怪しい仕事に挑戦していくストーリーで、目黒蓮さんは小心者の貧乏大学生、「ワンちゃん」を演じました。

演技よりも歌やダンスの方がいいという厳しい意見もありますが、監督に演技について相談したり難しいセリフもこなすなど、自分とは違う性格の役に対して真摯に向き合っているのが感じられます。

・2019年舞台「滝沢歌舞伎ZERO」

目黒蓮

2017年の『滝沢歌舞伎』に急遽代役出演し、その成功がSnow Man加入の決め手となったと言われる目黒蓮さん。

この2019年の『滝沢歌舞伎』から、Snow Manが座長を務めています。

目黒蓮さんはこの頃、宇宙sixというグループとSnow Manを兼任していました。

ダンスあり、歌あり、時代劇ありの『滝沢歌舞伎』ですが、目黒蓮さんはベストシーンに「WITH LOVE」の歌唱シーンを挙げています。

この曲は前座長の滝沢秀明さんの時代からエンディングテーマとして歌い継がれている曲

座長を引き継いだという強い自覚が感じられますね。

目黒蓮さんはちょうどこの頃、嵐のバックダンサーも務めていて、嵐のツアーと『滝沢歌舞伎』の稽古が重なり、寝る間もない程のハードスケジュールでした。

・2020年「ただ今、コント中。」

目黒蓮

目黒蓮さん、佐久間大介さん、ラウールさん、渡辺翔太さんが出演された作品。

サンドウィッチマンのお二人と初コントに挑戦しました。

目黒蓮さんはすし職人養成学校の生徒役に。

収録を終えて、目黒さんは「経験したことのない環境だったので、緊張しました。一人だけ長いセリフもあったので」

引用:MANTANWEB

最後は、3人だけが知らない台本の“続き”があり、その演出に右往左往する姿が見どころに。目黒が「ガチでしたね、素でリアクションしてしまいました!」と驚いたその内容とは。

引用:ORICON NEWS

初コントで長いセリフもあって緊張し、アドリブでは素で笑ってしまったそうですが、バラエティではそれもおもしろいですよね。

バラエティにもっと出て欲しいと好意的な意見が多く見られました。

・2021年ドラマ「教場Ⅱ」

目黒蓮

木村拓哉さん主演のお正月ドラマ。

目黒蓮さんは「杣利希斗」という警察学校の生徒の役を演じました。

こちらは評価が分かれていますね。

演技が上手くて目黒蓮さんとはわからないという意見と、下手で役柄に入っていけないという意見があります。

主演の木村拓哉さんからは次の様なメッセージが。

「“いろいろな現場で、いろいろな人と出会ってほししいな”って……お芝居も決して悪くないから、“いろいろな作品に出てほしいな”ってすごく思いました」

引用:Tokyo fm plus

・2021年ドラマ「消えた初恋」

目黒蓮

漫画が原作のこちらの作品は、なにわ男子・道枝駿佑さんとのダブル主演で話題に。

目黒蓮さんは恋愛にとても疎い「井田くん」という男子高校生の役でした。

原作のイメージが定着してしまっている難しい役でしたが、こちらは目黒蓮さんと役柄がマッチしているとの意見が多く見られました。

漫画原作のドラマだと、原作よりも主演俳優自身のキャラクターに寄せて演出されることもあり、原作ファンが違和感を抱くこともある。本作は、道枝と目黒自身をはじめ、出演者自身のキャラクターを生かしつつ、原作の世界観を忠実に再現できており、良いキャスティングだったと言える。

引用:ドワンゴジェイピーnews

・2022年映画「おそ松さん」

目黒蓮

漫画『おそ松くん』を原作とした映画。

目黒蓮さんは松野家の三男で女性相手だとポンコツ化する、チョロ松を演じました。

やはり原作のある作品だと、原作の設定と違うとマイナスポイントになってしまいますよね。

・2023年映画「わたしの幸せな結婚」

目黒蓮

2023年春公開予定の「わたしの幸せな結婚」は大人気小説が原作で、漫画にもなっている作品

儚いイメージの役柄の為、残念ながら役柄とのミスマッチを指摘する声が多くみられました

原作の主役は今田美桜さん演じる「美世」なのに、この映画では目黒蓮さん演じる「清霞」が主役となっていることにも批判の声が多く出ています。

この映画では好意的ではない意見も多いですが、目黒蓮さんの演技でぜひとも大成功に導いて欲しいですね。

      

まとめ:目黒蓮の演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!時系列で出演作を調査してみた!

目黒蓮さんの演技が下手だと言われる理由を調べてみました。

原作のある作品はイメージを壊さない注意が必要ですが、目黒蓮さんには原作を超えていくほどの好演技を期待したいですね。

これからもたくさんの作品で目黒蓮さんの魅力を見せて欲しいです。

目次
閉じる