中村アンの演技が下手と言われる3つの理由!上手くなったという声も調査してみた!

中村アン

女優、モデル、タレント等幅広い分野で大活躍の中村アンさん

持ち前のカッコ良さと美ボディで、女性から絶大な人気を誇っています。

みんな憧れ中村アンさんですが、実は演技が下手だという意見も。

今回は中村アンさんの演技が下手と言われる理由3つと、上手くなったという声をまとめてみました。

目次

中村アンの演技が下手と言われる3つの理由!

2009年にモデルデビューをした中村アンさん。

2015年に放送された「本当にあった怖い話 夏の特別版」に出演してから、本格的に女優業を始めています。

今や大人気を誇る中村アンさんですが、一方では演技が下手だという意見がありました。

その理由を詳しく調査していきます。

①いつも同じ演技

1つ目はいつも同じ演技をしているという意見です。

中村アンさんのカッコいいイメージから特に秘書、助手役がお似合いですが、これまでに下記のような役を演じていました。

・銀行員(2017年「突然ですが、明日結婚します」桐山莉央役)

・ホステス(2017年「片想い」佐迫香里役)

・作家(2018年「きみが心に棲みついた」成川映美役)

・デザイナー(2018年「ラブリラン」南さやか役)

・秘書(2018年「SUITS/スーツ」玉井伽耶子役)

・助手(2020年「危険なビーナス」蔭山元美役)

・アーティストの卵(2021年「着飾る恋には理由があって」羽瀬彩夏役)

・海上保安官(2022年「DCU」成合隆子役)

元々はモデルということもあり、演技をするとどこか違和感を感じる人も少なくないとのこと。

表情が不自然で気になってしまい、必然的に単調で、どの役を演じても同じ演技のように見えるのかもしれません。

②台詞が棒読み

2つ目は台詞が棒読みに聞こえるという意見。

真面目で大人しい役柄が多いため、感情を表現する機会が少ないだめでしょう。

初主演ドラマでは、視聴者の心を掴むのはなかなか難しかったと思われます。

③滑舌が悪い

3つ目は滑舌が悪いという意見です。

CM「豊潤レモンサワー」最後に笑顔で一言「幸せ」語るシーンで、少し滑舌が気になる印象でした。

中村アンさんは2015年7月5日「旅ずきんちゃん」で、自身の舌が長いことを暴露しています。

舌の長さが滑舌に影響しているのかもしれません。

中村アンの演技が上手くなったという声も調査してみた!

女優デビューした頃は演技に厳しい意見が多かっですが、近年では上手くなったという声が多数

一役演じるごとにどんどん演技が上手くなってる、とかなり評判が良くなっていました。

何事も経験が必要だということがよく分かりますね。

まとめ:中村アンの演技が下手と言われる3つの理由!上手くなったという声も調査してみた!

中村アンさんの演技が下手と言われる3つの理由と、上手くなったという声をみてきました。

初めから完璧にこなせる人はいませんので、経験を重ねることで上達していくのではないでしょうか。

今後も中村アンさんの活躍から目が離せません。

目次
閉じる