イメージテキストイメージテキスト

パターンオーダーで “自分だけ” のカスタムバッグを作ろう!

メディア掲載情報

odakyu_01_IMG_3217

『TIMBUK2(ティンバックツー)』の魅力の一つ、それはバッグを自分らしくカスタマイズできる「パターンオーダー」に対応していること。

パターンオーダーでは、世界中で広く愛されている「MESSENGERS」シリーズや、ビジネスユースや旅行にも適した「PACK」シリーズのデザインやパーツなどを、自分らしくカスタマイズすることができます。

では実際に、どんなカスタマイズができるの?
ということで、バイシクルクラブ編集部のTさんに、TIMBUK2のパターンオーダーを体験していただきました。

odakyu_02_IMG_3217

私生活でもバイシクル生活を楽しむTさんは、元・メッセンジャー。
荷物を背負って自転車に乗ることに関して、長年の経験と実績をお持ちです。

「今日は”ガチ勢”として、自分なりのこだわりをたくさん詰めたいです!」
(Tさん談 以下同)

と、気合十分でお越しいただきました。

odakyu_03_IMG_3217

パターンオーダーに対応しているバッグの中で、今回Tさんが選んだのは「クラシックメッセンジャー」のLサイズ。

「大きい方がいいです。書類も着替えも、ボトルも全部詰めて安定して背負えるのが理想なので、Lサイズを選べるのはありがたい」。

ちなみに、初めて購入したメッセンジャーバッグもTIMBUK2だったそうです。

odakyu_04_IMG_3217

バッグを決めたら、次はデザインを選びます。

パターンオーダーでは、40種類もの色や素材の中からバッグに使う布地をお好きに組み合わせていただけます。メッセンジャーバッグの場合はレフト、センター、ライトの3箇所を選ぶことができます。

odakyu_05_IMG_3217

中にはシーズン限定の素材もあるので、機会を逃すと二度と作れないデザインパターンも。

「かなり悩みましたが…初めて買ったメッセンジャーバッグの色が黄色だったので、黄色を取り入れたデザインにしました」。

odakyu_06_IMG_3217

このほか、パターンオーダーでは

・縁周り(バインディング)、ロゴ、内側の布地(ライナー)の色
・仕切りの種類
 ・エンプティバケット(仕切り無し)
 ・スラッシュポケット(ファイルを収納するための薄いパッド入り)
 ・クレーターラップトップスリーブ(高密度フォームでラップトップを安全に収納できる仕切り)
・インサイドポケットの有無
・左がけにするか右がけにするか
・取外し可能なカスタムストラップパッドにするか

などを細かく設定することができます。

odakyu_07_IMG_3217

パターンオーダーシステムは、サンフランシスコの自社工場と連携しており、ご注文いただいてから約3週間ほどでお手元に届きます。

完成したバッグがこちら。

odakyu_08_IMG_3217

お隣は、Tさんが初めて購入したTIMBUK2のメッセンジャーバッグ(Mサイズ)。
並べてみると大きさの違いが際立ちます。

「昔作ったほうは生地がけっこう固くて、こなれるまでに時間がかかったけど、今回の生地はしっかりしているのに柔らかい。すぐに馴染んでくれそう!」

届いた商品について、率直な感想を聞いてみました。

odakyu_09_IMG_3217

「リフレクターがかなりいいですね。この縁も光るんですよね?これだけしっかり反射してくれたら通勤時も安心です」。

内部オプションでは「クレーターラップトップスリーブ」をチョイス。

odakyu_10_IMG_3217

「厚手でしっかりとしています。仕切りやポケットがたくさんついているので、いっぱい物を入れられる。容量は申し分ないです」。

odakyu_11_IMG_3217

持ち手もカスタムオーダー。通常より厚手でふっくらした持ち手になっています。

「手が痛くなりにくそう。あとここでバッグを持ってもバッグの形が崩れないように工夫されているのが心憎いですね」。

odakyu_12_IMG_3217

カスタムした部分以外にも気になる部分があったそうです。

「昔のやつはストラップが外に出ていたんだけど、今のデザインは中になっているから、ストラップをギュッと締めてもカバー部分がダボつかない」。

odakyu_13_IMG_3217

ストラップパッドも取外し可能にしました。

odakyu_14_IMG_3217

理由は、「ガチ背負い」の時にストラップは不要だから。

「バッグの端が肩にかかるぐらいギュッと締めることで、大きなバッグを肩から背中全体でホールドできるんです。初期のメッセンジャーバッグはこのストラップパッドが付いてなくて」。

odakyu_17_IMG_3217

「現行モデルだと取り外しできないのですが…やっぱり無い方がしっかり背負えるので”ガチ勢”としては、取り外しできるのは嬉しい」。

実際にメッセンジャーバッグを背負って自転車に乗ってみてもらいました。

odakyu_16_IMG_3217


「安定していて、すごく良いです。これから長くつきあっていけるバッグが出来たと思います!」

と、今回のカスタム内容にご満足いただけた様子でした。
こだわりポイントをたくさん紹介してくださったTさん、ありがとうございました。

パターンオーダーは、現在「ロッジ京都店」で常設対応しています。

是非、あなただけのカスタムバッグを作ってみてください。

SHOPLIST:ロッジ京都店
〒604-0835
京都市中京区御池高倉西入高宮町千代田生命ビル1F
TEL:075-222-0363

このほかの開催が決定次第、随時公式サイト、FacebookInstagramでお知らせいたします。

Tさん視点での体験記はこちら!
TIMBUK2のパターンオーダーフェアに行ってきた!
http://www.bicycleclub.jp/special/event-7363/

PAGE TOPへ