大西流星があざとくて嫌われる3つの理由!田中みな実の公認テクがすごかった!

大西流星

大西流星

「なにわ男子」として大人気の大西流星さん。

キラキラした笑顔がとてもかわいいですが、あざとくて嫌われてる?との情報がありました。

今回はあざとくて嫌われている理由あざといテクについて調べてみました。

目次

大西流星があざとくて嫌われる3つの理由!

大西流星

なにわ男子の中でも可愛い担当の大西流星さん。

しかし、仕草や表情があざとくて嫌いともいわれています。

ファンからは可愛すぎると人気な一方で、大西流星さんがあざとくて嫌われている理由について調査していきます。

①ぶりっこ

大西流星

大西流星さんは、クリっとした目が特徴的なとてもかわいい顔立ちをされています。

そして、なにわ男子恒例の、ちゅきちゅきポーズを生み出したことでも有名ですよね。

大西さんのぶりっこポーズを集めてみました。

大西流星

大西流星

大西流星

大西流星

ぶりっこの特徴ともいえる、上目づかいや、アヒル口、が多い印象ですね。

20歳の男の子がわざと可愛いポーズをしているので苦手な方もいるのかもしれません。

でも、アイドルらしくて、個人的にはアリだと思います。

また、大西さんはニックネームとして、「りゅうちぇ」「流星」「大西プロ」と呼ばれています。

この「大西プロ」の由来は完璧なカメラ目線、自撮りの角度、上手なウィンク

どれもプロすぎて周りから「大西プロ」と尊敬されるようになりました。

ぶりっこというよりもアイドルのプロ意識から来たポーズなのでしょうか。

②化粧が濃い

大西流星

とっても可愛い顔立ちをしている大西さんですが、化粧が濃すぎ!との声もあがっています。

大西さんは、メイクへのこだわりが強く、撮影などで違うメイクをすると「その都度自分の目を自撮りして記録している」と2021年4月5日に放送された『教えてもらう前と後』で言って言いました。

また、コンサートの時は広い会場でも凹凸がはっきり見えるようなメイクを心がけています。

2021年10月30日放送の『まだアプデしてないの?』では美容のプロ、アンミカさんにメイクテクを絶賛されていました。

大西さんが紹介していたメイクテクはこちら。

・二重幅が狭く見えないようにアイラインは目じりのみ

・目じりのきわにこげ茶色で薄く影を入れる

・目を大きく見せるためにまつ毛の延長線上にたれさせてラインをひく

・黒目がウルウルしてみえるように黒目の下だけペンシルで色を入れる

・涙袋は白っぽいと光りやすいのでベージュ系を使う

かなりのこだわりっぷりですね。

さらに、2021年11月24日放送の『徹子の部屋』ではメイク道具も公開しています。

出演する番組や、舞台によってメイクを使い分けている大西さん。

女性も見習いたいほどの美意識の持ち主ですね。

③可愛いと自覚している

大西流星

周りから見てもとても可愛い大西さんですが、自分でも可愛いことは自覚している様子。

2021年11月19日に『NEWSの全力メイキング』に出演した際のメイキング動画で、小山慶一郎さんから「自分でも可愛いことは自覚してるでしょ?」と尋ねられてこう答えています。

「自覚しているというか、言ってくださるのでありがたいなと思っているだけで・・・」

まぁ自覚はしてますね。(笑)」

少し否定しながらも、あっさり認めてしまうところがまた、可愛いですね。

大西流星があざとい・田中みな実公認のテクがすごかった!

大西流星

隙を作るプロフェッショナル

2020年10月31日放送の「あざとくて何が悪いの?」では、大西流星さんの「男性版あざといテクニック」が披露され田中みな実さんやテレビ朝日アナウンサーの弘中綾香も魅了されていました。

そのなかでライブ配信の再現をした際に、田中みな実さんからあざとい認定されています。

大西流星

田中みな実さんは、このライブ配信再現を見てこんな冷静な分析もされていました。

隙を作るプロフェッショナルですね。

完璧にやっちゃうと、明日も会いに行きたいという気持ちが無くなっちゃうんですよ。

フルコースじゃなくてあえて余白を残す

ドジなところを見せちゃうことで、私しか知らない、守ってあげなくちゃいけない流星の事をって思わせるんですね”

配信に乗せるはずなかった場面を間違えて配信してしまったような演出をするなんて、本当にあざといですよね。

田中みな実さんが、「あざとい認定します」と言ってしまう気持ちがわかります。

あざとさ見つけたら「メモ」

大西流星

さらに、二度目の出演となった2021年11月13日放送の「あざとくて何が悪いの?」では「あざとい」女性についてメモをとっていることを明かしました。

前回出演依頼「(あざとさに)敏感になってしまって、街中でふと気づいたあざとさを見たらメモを取るようになってしまって」」

大西さんのメモ帳を元にこの1年間で街で目撃したあざとい女性トップ10を、完全再現で紹介されました。

あざとさには人一倍厳しい田中みな実さんと、弘中綾香アナウンサーも絶賛。

”よく見てるね! これくらいレーダーを張ってなきゃいけないんだな。”

”自分はたるんでた”

”初心を思い出しました”

あざとさ敗北宣言ともいえる言葉が飛び出していました。

   

まとめ:大西流星があざとくて嫌われる3つの理由!田中みな実公認のテクがすごかった!

大西流星さんがあざとくて嫌われている理由について調べてみました。

大西さんのあざとさは、アイドルとしてのプロ意識から来ていることがわかりました。

今後さらに活躍の幅が広がっていくこと、期待して応援しています。

目次
閉じる