【2022ペルセウス座流星群】兵庫・神戸のピーク時間や方角は?おすすめ穴場10選!

ペルセウス座流星群

日本三大流星群の1つである、ペルセウス座流星群。

その中でペルセウス座流星群は、気候的にも観測しやすく、全方位で流星群を見られます。

2022年のペルセウス座流星群を兵庫県(神戸)で観測したい方向けに、おすすめスポットやピーク時間、方角や天候なども詳しくまとめました。

参考にしていただき、幻想的な夜空を楽しんでいただけたら幸いです。

目次

ペルセウス流星群2022兵庫・神戸のピーク時間と方角は?天候も!

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は、一般的に7月~8月にかけてみることができます。

2022年の兵庫県神戸市で、見ることができるペルセウス流星群の「ピーク時間と方角」については以下の通りです。

ピーク時間:8月12日の夜~8月13日の明け方・8月13日の夜~8月14日の明け方

方角:特になし。方角よりは空全体が見えたほうがよく見える。

詳しく下記で説明していきます。

ペルセウス流星群ピーク時間

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は夏休みに見ることができるので、家族や恋人、友達と楽しみたいですよね。

2022年は、8月13日10時頃に極大期を迎えます。

極大期:観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期のこと

この時期の前後にはたくさんの流星群を見ることができるので、2022年はこちらの日がおすすめです。

8月12日の夜~8月13日の明け方

8月13日の夜~8月14日の明け方

ただ、他にも「月明り」に注意が必要です。

明るい月が空に姿を見せていると、その明るさに隠されてしまって、暗い流星が見えなくなります。

月が空に出ていないときの方が、より多くの流星を見ることができます。

引用:国立天文台

202年8月12日は満月のため、ペルセウス流星群が見えにくくなってしまいます

したがって、8月12日~13日にかけては見えにくいかもしれません。

ペルセウス流星群が、見えやすい時刻についても調べてみました。

放射点は、夕方には地平線の上にあります。

実際に流星を目にし始めるのは、もう少し放射点が高くなる午後9時から午後10時頃。

明け方まで放射点は高くなり続けるので、真夜中頃から空が白み始めるまで観察しやすい時間帯が続きます。

引用:国立天文台

日が変わる前後から明け方までが、よりペルセウス流星群を見ることができるでしょう。

方角と天気

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は夜空のどこにでも現れるため、見る方角については気にする必要はありません

しかし、他に注意するべきことがあります。

  • 月のある方向を正面にして観察するのは避ける
  • できるだけ空が広く見渡せるところを選ぶ
  • 人工の明かりが少ないところを選ぶ

方向よりも見る場所が重要になるので、良い位置でたくさんのペルセウス流星群を見たいですね。

気になる天気ですが、当日の兵庫県・神戸市の天気予報はこのようになっています。(8月9現在)

ペルセウス流星群

あまり天候はよくないですね。

昨年の2021年は、極大の約1日半後に、例年の極大時の2倍以上に達する予想外の活動が観測され話題となりました。

引用:国立天文台

昨年はこのようなことがあったということなので、条件がよくなくても見れる可能性もあります。

たくさんの流星群を観察することができたらいいですね。

ペルセウス流星群とは?

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は、「三大流星群」の中の1つです。

1月:しぶんぎ座流星群

8月:ペルセウス座流星群

12月:ふたご座流星群

ペルセウス流星群は、毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

「三大流星群」の中でも、常に1・2を争う流星数を誇ります。

他の2つの流星群は、寒さに耐えながらの観測になるので、気候の面からしても観測しやすいでしょう。

  • 2022年のペルセウス座流星群の一般的な出現時期は、7月17日から8月24日
  • 極大期は8/13頃

国立天文台の予想だと、見える流星の数は、例年よりもだいぶ少なくなるとのことですが、限られた貴重な時間を楽しみたいですね。

ペルセウス流星群2022兵庫・神戸のおすすめ穴場10選!

ペルセウス座流星群は全方位どこからでも観測できますが、より視界を広くとれる場所がおすすめです。

兵庫県でペルセウス座流星群を綺麗に観測できる、おすすめ穴場スポットを10か所ピックアップしました。

①六甲山天覧台

六甲山の山頂にあり、夜はライトアップもされて素敵な雰囲気の場所です。

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷

電話:078-861-5288

最寄り駅:六甲山上駅[出口]すぐ

夜景も楽しめるスポットなので、見晴らしも抜群!アクセスも良好なのでおすすめですね。

2022年7月23日19時時点で、六甲ケーブル車両が故障しており、代替バスが運行しています。

バスの時刻にご注意ください。

②六甲ガーデンテラス

デートスポットとしても人気な、六甲ガーデンテラス。

広範囲を見渡せ、抜群の見晴らしです。天候が良好であれば、どこを見回してもペルセウス座流星群を観測できるでしょう。

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

電話:078-894-2281

最寄り駅:六甲山頂駅[出口]から徒歩約3分

2022年7月23日19時時点で、六甲ケーブル車両が故障しており、代替バスが運行しています。

バスの時刻にご注意ください。

③摩耶山掬星台

日本三大夜景「函館山」長崎市の「稲佐山」そして、兵庫県の「摩耶山掬星台」。

全国的にも有名な観光スポットで、天体観測にもおすすめです。

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2

電話:078-861-2998

最寄り駅:星の駅駅[出口]から徒歩約1分

神戸の夜景とペルセウス座流星群セットで観測でき、素晴らしい景色を堪能できます。

④明石公園

意外と穴場でアクセスも良好な、明石公園。

街灯も少ないため、ペルセウス座流星群をはっきりと観測できます。

住所:兵庫県明石市明石公園1-27

電話:078-912-7600

最寄り駅:明石駅[北口]から徒歩約14分

明石駅からも見え、明石公園内にある「明石城」も必見です。

⑤西はりま天文台

西はりま天文台公園には、公開望遠鏡として世界最大の「なゆた望遠鏡」があります。

自然の中で、幻想的な世界観を楽しめます。

住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2

電話:0790-82-0598

最寄り駅:佐用駅[出口]から徒歩約58分

街灯がないので、星をくっきり観測できるのが魅力です。

⑥三田市野外活動センター天体観測所

自然豊かな場所で天体観測に限らず、夏は川遊びやキャンプなどが楽しめるスポットです。

住所:兵庫県三田市小柿949

電話:079-569-0388(9~17時・月曜定休)

最寄り駅:三田駅からばすで30分、公会堂前バス停から徒歩10分

注意:完全予約制となります。お電話の上事前に受付必須です。

天体観測と併せて、夏の思い出をたくさん作れるスポットですね。

⑦オーベルジュアルビレオ天文台・宿泊施設(豊岡市)

竹田城跡も近くにあり、関西で最大級クラスの望遠鏡 60cm反射望遠鏡で、天体観測ができる宿泊施設 です。

住所:兵庫県豊岡市日高町山田147-1

電話:0796-45-1066

最寄り駅:江原駅からバスで30分

この投稿をInstagramで見る

yoho1223(@yoho1223)がシェアした投稿

夏には蛍も見られるて、敷地内にはBBQスペースもあります。

⑧国埼クリーンセンター啓発施設ゆめほたる(川西市)

国埼クリーンセンター啓発施設ゆめほたるは、社会見学も可能な大規模ゴミ処理施設です。

住所:兵庫県川西市国崎 字小路13番地

電話:072-735-7282

天体観測など様々なイベントを開催しており、大人も子どもも楽しめる施設です。

申込が必要なので、詳しくは公式HPをチェックしてください。

⑨砥峰(とのみね)高原(神河町)

砥峰高原は、西日本有数のススキ草原が広がる場所です。

自然豊かな場所なので、都心から離れリラックスできるでしょう。

住所:兵庫県神崎郡神河町

電話:0790-34-1001

最寄り駅:寺前駅徒歩6分

山頂の夜は冷えるかもしれませんが、街灯も少なく星を綺麗に観測できます。

自転車で訪問する方も多くいました。

⑩峰山高原(神河町)

星空を堪能できるリゾートホテル、峰山高原ホテルリラクシアがあります。

ペルセウス座流星群の観測を目的とした、小旅行も素敵ですね。

住所:兵庫県神崎郡神河町上小田

最寄り駅:寺前駅

ヒルクライムコースもあり、野生のシカも出没するのだとか。

こちらの記事もチェック↓

目次