高木美帆が老けて劣化した5つの理由!化粧をしたら美人だった!

高木美帆

北京オリンピックで日本選手団の主将を務めることが決まった、スピードスケート選手の高木美帆さん。

そんな高木美帆さんですが、「老けて劣化した」と噂されています。

化粧をしたら美人だという声もありました。

老けて劣化したと言われている理由について、調査していきます。

目次

高木美帆が老けて劣化した5つの理由!

2022年1月現在、27歳の高木美帆さん。

2022年5月には28歳になります。

SNSでは「老けた」という声が見られました。

特に、2018年頃から「老けた」という声が多くなっています。

高木美帆さんが老けて劣化したといわれる理由を、詳しくまとめました。

①競技中はすっぴんのため

高木美帆さん曰く、競技中はすっぴんとのことです。

「練習は汗をかいてしまうので、お化粧が乱れたまま出るよりは、何もしないで出た方が乱れがない。ギャップも少ない」

引用元:デイリー

高木美帆さんは、競技に集中するためにすっぴんでいるのですね。

しかし、20代後半ともなると、シミやシワが目立ってきたり、日によってお肌の調子が悪かったりすることもあります。

お化粧をしていないことが、老けて劣化しているように見える原因になっているのでしょう。

②肌荒れが悪化

すっぴんの高木美帆さんは、肌荒れが悪化しているように見えます。

厳しい練習やトレーニングなどで、お手入れの時間が取れないことも多いのだとか。

また、ストレスや睡眠不足などから肌荒れが悪化してしまったとも考えられます。

肌荒れのためにお肌がくすみ、老けたように見えてしまっているのではないでしょうか。

③眉毛が薄い

競技中はすっぴんのため、眉毛は描いていません。

画像を見る限り自眉もとても薄く、目頭付近に少しあるだけ。

眉毛が薄いとシミやクマが目立ったり、顔の印象がぼんやりしたりと、とても老けて見えてしまいます。

SNSでも、高木美帆さんの眉毛が薄いといった指摘が多くありました。

④年を取った

15歳で初めてオリンピックに出場してから、活躍を続けている高木美帆さん。

その頃の彼女と比べたら、老けて劣化したように見えるのも当然です。

現在は年齢を重ねて、より素敵な大人の女性になったように思います。

⑤ほうれい線が深くなった

高木美帆さんは、かわいらしい笑顔がとても印象的です。

しかし、笑ったときに出るほうれい線が深くなったと言われていました。

その一方で、笑顔が好き!という方も多くいす。

年齢によるものもありますが、たくさん笑顔を見せてくれるからこそ、ほうれい線が目立ってしまうのかもしれません。

高木美帆は化粧をしたら美人だった!

競技中はすっぴんだという高木美帆さんですが、化粧をしたら美人でした。

眉毛を描き、肌荒れやくすみをしっかりカバーすると、本当に美人さんになりますね。

すっぴんのときでもお顔が整っているのがわかるほどだったので、お化粧で美しさがより際立ちました。

      

まとめ:高木美帆が老けて劣化した5つの理由!化粧をしたら美人だった!

高木美帆さんが老けて劣化した理由と、化粧をしたら美人だった!という噂を詳しく見てきました。

競技中はすっぴんであることと、年齢を重ねたことが主な理由であることがわかります。

元々のお顔が整っているため、化粧をしたら美人だったこともわかります。

2022年の北京オリンピックでの活躍に、期待したいと思います。

目次
閉じる