滝沢カレンの演技が下手な3つの理由!上手いと評価が高い作品を調べてみた!

滝沢カレン

バラエティー番組で活躍中の滝沢カレンさんですが、女優として数多くの作品に出演しています。

意外と演技が上手いと高評価を受ける一方、演技が下手という厳しい声も。

滝沢カレンさんの演技が下手な理由を調査していきます。

目次

滝沢カレンの演技が下手な3つの理由!

滝沢カレン 演技

滝沢カレンさんといえば、数多くのバラエティー番組に出演しているため女優のイメージがあまりないですよね。

元々女優志望だった滝沢カレンさんは、モデルにスカウトされ芸能界入りしました。

女優デビューは、2009年の映画「ROOKIES-卒業-」購買部のマドンナ役

その後は、チョイ役ですが多数の映画やドラマに出演しています。

滝沢カレン 演技

2019年10月ドラマ「G線上のあなたと私」では、ついに連続ドラマ初レギュラー出演を果たしました。

女優業も順調な滝沢カレンさんですが、演技が下手だとネット上で酷評されることも

滝沢カレンさんの演技が下手な3つの理由を調査していきます。

①演技が棒読み

滝沢カレン 演技下手

滝沢カレンさんは「棒読み」で演技が下手と言われています。

滝沢カレンさんといえば、「日本生まれ日本育ちなのに日本語が苦手」でおなじみですよね。

そのせいか、ただ台本を丸覚えしただけかのようなセリフ回し。

それに、セリフを詰め込みすぎていて、抑揚がないしゃべり方をしています。

演技をするだけで精一杯なのか、感情がこもっておらず棒読みに聞こえます。

②演技が素人っぽい

滝沢カレン 演技下手

滝沢カレンさんの女優デビューは2009年ですが、出演はチョイ役が多いため演技歴は浅め

ちゃんと台本読めてる?と勘ぐってしまうほど、つたない演技に見えます。

2021年映画「土竜の唄 FINAL」に出演した滝沢カレンさん。

お色気シーンがありましたが、素人ぽい演技で見ていて恥ずかしくなるほど

見てる側がハラハラさせる演技だと、安心して作品に入り込めないですよね。

③演技と素が変わらない

滝沢カレン 演技下手

滝沢カレンさんは役づくりが苦手なのか、「普段と素が変わらない」という意見もあります。

そもそも、役づくりをするようなキャラに見えませんよね。

それに、バラエティー番組で見せる滝沢カレンさんのキャラクターはとても個性的

普段のキャラクターが濃すぎて、演技しているように見えないのかもしれません。

滝沢カレンの演技が上手いと評価が高い作品を調べてみた!

滝沢カレン 演技上手い

タレントのイメージが強い滝沢カレンさんですが、演技が「意外と上手い」という声もあります。

演技が上手いと評価が高い作品をまとめてみました。

2018年「痛快TVスカッとジャパン」

滝沢カレン スカッとジャパン

2018年からバラエティー番組「痛快TVスカッとジャパン」の再現ドラマに登場。

滝沢カレンさんは、番組内で

・すぐ否定したがる女

・マナー違反がヒドい迷惑女

・高価なお土産を強要する女

などイマドキの悪女キャラを演じ、賞賛の声を浴びています。

滝沢カレンの再現ドラマが終わると、スタジオの出演者もドラマの内容そっちのけで滝沢の演技を絶賛していました。

俳優の松坂桃李(29)まで、“セリフ回しすごいですね。

あんなになめらかに……”とべた褒め。

引用元:日刊大衆

滝沢カレンさんの悪女ぶりに、スタジオは絶賛

こちらが見ていてイライラするほど、悪女役がピッタリ。

その演技っぷりを見た視聴者からも、驚きの声があがりました。

2022年ドラマ「未来への10カウント」

滝沢カレン 演技

滝沢カレンさんは2022年4月スタートのドラマ「未来への10カウント」に出演中。

放送回数を重ねるごとに、滝沢カレンさんの演技を評価する声が増えてきました

共演の満島ひかりさんと対峙するシーンが多い中、満島ひかりさんに引けを取らない演技に注目されています。

「滝沢は以前から、演技が意外と上手いと絶賛されています。

しかし今のところ、裏表があるキャラを演じている訳ではなく、〝素で良い人〟のキャラを演じているだけ。

裏表があるキャラ、嫌味なキャラなどを演じた時に、本当の評価が下るでしょう」(芸能記者)

引用元:BIGLOBEニュース

このドラマでは、普段のキャラクターとは違う自然な演技が高評価を得ています。

まとめ:滝沢カレンの演技が下手な3つの理由!上手いと評価が高い作品を調べてみた!

滝沢カレンさんの演技が下手な理由を調査しました。

演技に関しては、まだ経験が浅いからか下手と言われるのかもしれませんね。

タレントから女優業へシフト中なのか、出演作も多くなってきた滝沢カレンさん、これからの活躍が期待されます。

目次
閉じる