よだかれんは男で若い頃はイケメン俳優!トランスジェンダーで性適合手術を受けていた?

よだかれん_TOP

元新宿区議会議員であり、来たる11月の新宿区長選に立候補予定のよだかれんさんをご存知でしょうか。

行政書士であり、元区議会議員、そして元俳優という異色の経歴を持つよだかれんさん。

トランスジェンダーを公言しているよだかれんさんについて、今回は調査していきます。

目次

よだかれんは男で若い頃はイケメン俳優!

よだかれん

よだかれんさんは1972年1月27日生まれの50歳(2022年10月現在)。

以前新宿区議員を務めていたこともあり、11月13日新宿区長選に立候補を予定されています。

区議会議員になる前は、俳優業もしていたよだかれんさん。

俳優時代の名前は依田秀亮さんといい、男性として舞台に立っていました。

よだかれん

とても端正な顔立ちで、キリッとしたイケメンですよね。

180cmの細身に長身を生かし、ミュージカル俳優と活動していました。

出演作も多く、今では大人気の”2.5次元俳優のはしり“だったのだとか。

・2000年11月  蜷川幸雄演出「火の鳥

(共演者:SPEEDの今井絵里子さん、いかりや長介さん等)

・2001年7月  「ロミオとジュリエット

(共演者:牧瀬里穂さん、山本耕治さん、夏木まりさん等)

・2002-2003年 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン

(共演者:城田優さん、多部未華子さん等)

・2009年8月  「新宿ミッドナイトベイビー

(共演者:いしだ壱成さん、浅野温子さん、山崎邦正さん等)

特に代表作であり初の役付だった「美少女戦士セーラームーン」では、2年連続で同ミュージカルに出演。

2002年 美少女戦士セーラームーン 嵐のペッツ

2003年 美少女戦士セーラームーン ネフライト

そのプロモーションでは、レコーディングイベントMCなども行いました。

未だに海外からもファンレターが届くほど、根強い人気があるとのこと。

ミュージカル以外には下積み時代売れない時代に、ショーパブの舞台にも立っていたんだとか。

そんな生粋の舞台人だったよだかれんさんは、どのような経緯で政治家の道に進んだのでしょうか。

よだかれんのプロフィール

よだかれん

政治家として異色の経歴を持つ、よだかれんさん。

よだかれんさんは愛知県で生まれ、埼玉県・沖縄県・愛知県で育ちました。

1972年1月27日 愛知県豊橋市、3人兄弟の次男として生まれる

1975年3月 埼玉県北足立郡吹上町に転居

1983年4月 小学6年生に進級するタイミングで沖縄県那覇市に移住

1988年4月 高校1年生の終わり、愛知県名古屋市に転居

1991年4月 青山学院大学法学部に入学

1997年10月 新宿でショーパブデビュー、初舞台を踏む

2007年 役者として売れなくなり、ショーパブ復帰

2010年 行政書士を目指す決意をする

2011年3月 六本木で再度ショーパブ復帰、勉強と舞台の両立

2013年4月 行政書士よだかれん事務所 開設

幼少期から自身をLGBTあると認識し、性的マイノリティとして生きてきたよだかれんさん。

苦労も多かったと想像できますが、明るく前向き自身の人生を歩んできました。

学生時代人生のパートナーに出会えたことも大きかったのかもしれません。

その後ミュージカル俳優なども経験しながら、行政書士の資格を取り事務所を開設。

行政書士、そしてLGBT当事者として研修講演を行うようになりました。

行政書士として働きながらも、多感な時期を過ごした沖縄県への強い思いを持ち続け、政治家の道を志しました。

「権力の暴走を防ぎ、国民主権・基本的人権の尊重・平和主義という憲法の理念が実現された社会を築きたい。」
引用:よだかれん OFFICIAL WEBSITE

また、自身で改名した「花連」という名も実は第二次世界大戦に関係した名前だったのだとか。

その事実に運命的なものを感じ、更にその思いを強めたのでしょう。

2018年8月 新宿区議選に向け活動開始を決意

2019年4月 新宿区議選挙当選

2019年5月-2022年5月 新宿区議会議員

(無所属ひとり会派「ちいさき声をすくいあげる会」)として活動

2022年7月 第26回参議院議員選挙 全国比例代表へ立候補、落選

(れいわ新選組)

2022年11月 新宿区長選に立候補予定

政治家への道を進むことを決意し、現在は無所属として新宿の区長選に立候補する準備を進めています。

東京都新宿区は日本の中で、最も人の多様性が垣間見れる街のひとつです。

よだかれんさんの立候補により、その多様性の風政治の世界にも吹き込んでほしいですね。

よだかれんはトランスジェンダーで性適合手術を受けていた?

よだかれん

トランスジェンダーとは、心と体の性が一致していない人のことを指します。

よだかれんさんは幼少期から、自身を女の子だと認識していました。

かわいい洋服松田聖子さんが好き

おニャン子クラブのファンクラブに入会

周囲にカミングアウトし始めたのは、青山学院大学法学部に入学した頃。

当時は今以上にトランスジェンダーへの理解も低く、大変な思いもたくさんしたでしょう。

大学卒業後、”ゲイ“として俳優ショーパブ舞台に立ち続けてきました。

そんな中、とあるニューハーフダンサーの言葉で人生が一変します。

「あなたは女性になるために生まれてきたのに何をしているの?人生一度しかないのよ」

この一言で自身の本当に気持ちに気付き、

・2008年1月 36歳の誕生日にホルモン療法開始

・2008年6月 豊胸手術性別適合手術、名前を「花蓮」に

・2008年7月7日 戸籍上でも女性に

と、女性としての人生を新たに歩み出したのです。

現在は「憲法愛するトランスジェンダー」を自称し、自身の経験を積極的に発信しています。

性別や常識に縛られない生き方政党の垣根も越え、多くの人の胸に刺さることでしょう。

より少数派の声にも耳を傾けながら、自身の政治家としての道を歩んでいってほしいですね。

どんな政治理念を持つ熱い政治家が当選するのか、次回の新宿区長選が楽しみですね!

こちらの記事もチェック↓

目次