赤楚衛二の昔の演技が下手だった5つの理由!表情の演技が上手くて評価されていた!

赤楚 衛ニ

赤楚衛二さんは「仮面ライダークローズ」で人気を集め、イケメン俳優として活躍しています。

そんな彼ですが、昔の演技が下手だったと一部で言われていました。

なぜ、そんなふうに言われていたのでしょうか?

その理由について調べてみました。

目次

赤楚衛二の昔の演技が下手だった5つの理由!

赤楚衛二

赤楚 衛ニさんは2013年「サマンサタバサのメンズモデルオーディション」で、グランプリを受賞。

様々なドラマや映画で、活躍しています。

ところが昔は演技が下手だったと、言われていました。

その理由について、詳しく調査していきます。

①経験不足

赤楚衛二 ライダー

演技が下手だと言われる理由の1つに、経験不足が挙げられています。

https://twitter.com/STAR_Broad__/status/1193690322091442178?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1193690322091442178%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fchico-blog1.com%2Feiji-akaso-actor%2F

俳優デビューは2015年、デビューから、わずか2年の2017年に、仮面ライダーで注目を浴びました。

ベテランの共演者と、演技力が比べられたのでしょう。

演技の経験不足から、下手だと言われてしまっていました。

②役になりきれていない

赤楚 衛ニ スポーティ

役になりきれている時と、そうでない時があると指摘されていました。

赤楚衛二は作品に入ると、その役に集中し、プライベートの友人との連絡も途絶えがちになるタイプだと言う。

本人も役づくりを重視していると公言

引用:Real Sound

憑依型タイプなのでしょう。

役になりきれないと、見ている側に伝わってしまうのですね。

ですが、その逆を言うと、役になりきれれば爆発的な力を発揮できる。

③はまり役を選ぶ

赤楚衛二 壁

役者さんの代表作には、特にはまり役があるといわれ、そのイメージにとらわれることがあります。

また、彼の演技の魅力は細部まで徹底した役づくりにもある。

歩き方ひとつ取っても、作品ごとに大きく変化させているのだ。

すべての役柄を、「ハマり役」と思わせる所以は、ここにあるのかもしれない。

引用:WEBザテレビジョン

ですが、キャスティングは演じる側が選べる訳ではなく、選んでばかりもいられません

そうなると、キャスティングする側にも責任があります。

赤楚衛二さんは役作りを徹底的にしているので、あまりにも自分とかけ離れている人物は難しいはずです。

これも、年を重ねれば重ねるほど、はまり役も増えていくでしょう。

④棒読み

赤楚衛二さんの演技が、棒読みだという意見がありました。

⑤かわいいから許されていた

赤楚衛二 ハート

演技が上手いという人も、下手だという人も、「かわいい」という人が多くいました。

一瞬で目に入る俳優さんということは、存在感があるということですね。

かわいいだけでは、それほどまでに注目されないはずです。

赤楚衛二の表情の演技が上手くて評価されていた!

赤楚衛二 洗濯

赤楚衛二さん演技が上手いと言われていることも多いです。

その中でも高く評価されているのが、「表情の演技力」でした。

自然な表情で、演じていると思わせないようになんて高度な技術を披露しています。

特に表情の作り方については、突出するものがあると思います。

引用:TREND365

数多くの記事やSNSでも、その表現力豊かさが絶賛されていました。

少しだけ目を泳がせたり、まばたきを多めにする表情

この細かな目の動きで、一気に場を作り出すのが赤楚衛二という役者のすごい点なのだ。

引用:ランクイン!!trend

イケメンを最大限に活かし、表情の演技に磨きをかけてきたのでしょう。

      

赤楚衛二の昔の演技が下手だった5つの理由!表情の演技が上手くて評価されていた!

赤楚衛二さんが昔演技が下手だと言われていた理由は、主に経験不足だったことが原因でした。

ですが、最近のドラマではその演技力が高く、見た目以上に注目されています。

これから、色んなジャンルの役を演じることで、さらにその演技力に磨きがかかること間違いなし!

今後の彼の活躍から目が離せないですね。

目次
閉じる