【2022ペルセウス座流星群】神奈川(横浜)のピーク時間や方角は?おすすめ穴場 スポットまとめ!

ペルセウス流星群 神奈川 横浜

日本三大流星群の1つである、ペルセウス座流星群。

その中でペルセウス座流星群は、7月~8月に見られるという事で気候的にも観測しやすく、全方位で流星群を観測できます。

2022年のペルセウス座流星群を神奈川(横浜)で観測したい方向けに、おすすめスポットやピーク時間、方角や天候なども詳しくまとめました。

参考にしていただき、夜空いっぱいに広がるペルセウス座流星群を楽しんでください。

目次

ペルセウス流星群2022愛知・名古屋のピーク時間と方角は?天候も!

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は、一般的に7月~8月にかけてみることができます。

2022年の神奈川(横浜)で、見ることができるペルセウス流星群の「ピーク時間と方角」については以下の通りです。

ピーク時間:8月12日の夜~8月13日の明け方・8月13日の夜~8月14日の明け方

方角:特になし。方角よりは空全体が見えたほうがよく見える。

詳しく下記で説明していきます。

ペルセウス流星群ピーク時間

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は夏休みに見ることができるので、家族や恋人、友達と楽しみたいですよね。

2022年は8月13日10時頃に極大期を迎えます。

極大期:観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期のこと

この時期の前後にはたくさんの流星群を見ることができるので、2022年はこちらの日がおすすめです。

8月12日の夜~8月13日の明け方

8月13日の夜~8月14日の明け方

ただ、他にも「月明り」に注意が必要です。

明るい月が空に姿を見せていると、その明るさに隠されてしまって、暗い流星が見えなくなります。

月が空に出ていないときの方が、より多くの流星を見ることができます。

引用:国立天文台

202年8月12日は満月のため、ペルセウス流星群が見えにくくなってしまいます

したがって、8月12日~13日にかけては見えにくいかもしれません。

ペルセウス流星群が、見えやすい時刻についても調べてみました。

放射点は、夕方には地平線の上にあります。

実際に流星を目にし始めるのは、もう少し放射点が高くなる午後9時から午後10時頃。

明け方まで放射点は高くなり続けるので、真夜中頃から空が白み始めるまで観察しやすい時間帯が続きます。

引用:国立天文台

日が変わる前後から明け方までが、よりペルセウス流星群を見ることができるでしょう。

方角と天気

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は夜空のどこにでも現れるため、見る方角については気にする必要はありません

しかし、他に注意するべきことがあります。

  • 月のある方向を正面にして観察するのは避ける
  • できるだけ空が広く見渡せるところを選ぶ
  • 人工の明かりが少ないところを選ぶ

方向よりも見る場所が重要になるので、良い位置でたくさんのペルセウス流星群を見たいですね。

気になる天気ですが、当日の神奈川(横浜)の天気予報は曇りや雨予報です。(8月10日現在)

昨年の2021年は、極大の約1日半後に、例年の極大時の2倍以上に達する予想外の活動が観測され話題となりました。

引用:国立天文台

昨年はこのようなことがあったということなので、条件がよくなくても見れる可能性もあります。

たくさんの流星群を観察することができたらいいですね。

ペルセウス流星群とは?

ペルセウス流星群

ペルセウス流星群は、「三大流星群」の中の1つです。

1月:しぶんぎ座流星群

8月:ペルセウス座流星群

12月:ふたご座流星群

ペルセウス流星群は、毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

「三大流星群」の中でも、常に1・2を争う流星数を誇ります。

他の2つの流星群は、寒さに耐えながらの観測になるので、気候の面からしても観測しやすいでしょう。

  • 2022年のペルセウス座流星群の一般的な出現時期は、7月17日から8月24日
  • 極大期は8/13頃

国立天文台の予想だと、見える流星の数は、例年よりもだいぶ少なくなるとのことですが、限られた貴重な時間を楽しみたいですね。

ペルセウス流星群2022神奈川(横浜)のおすすめ穴場スポットまとめ!

ペルセウス座流星群は全方位どこからでも観測できますが、より視界を広くとれる場所がおすすめです。

神奈川(横浜)でペルセウス座流星群を綺麗に観測できる、おすすめ穴場スポットをピックアップしました。

①丹沢湖

丹沢湖は大自然に囲まれた人造ダム湖です。

広大なダム上は街頭や遮るものがないため、ペルセウス流星群を存分に楽しめます。

住所:神奈川県足柄上郡山北町

最寄り駅:新松田駅からバスで50分、山北駅からバスで35分

紅葉も楽しめる人気スポット!バイクのツーリングに訪れる人も多くいます。

城ヶ島公園

展望台やピクニック広場など、天体観測だけでなく日中も多くの人でにぎわっています。

海も一望できる見晴らしの良い公園なので、夜の海とペルセウス座流星群を楽しめますね。

住所:神奈川県三浦市三崎町城ヶ島

電話:0468816640

最寄り駅:京急三崎口駅より城ヶ島行きバス20分「白秋碑前」下車徒歩約7分

絶壁と岩場の海岸、美しい2つの灯台、ハイキングコースなど、魅力満点です。

③かわさき宙と緑の科学館

世界で1台しかない投影機「メガスターⅢ FUSION」が売りの、かわさき宙と緑の科学館。

入場料は400円とリーズナブルでおすすめです。

住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−2

電話:0449224731

最寄り駅:JR南武線登戸駅から徒歩25分

科学館17時に閉園なので、ご注意ください。

夜は街灯などの明かりがほとんどないので、天体観測に打ってつけのスポットです。

④湘南平(高麗山公園)

高麗山公園からの景色は、神奈川県の景勝50選の1つです。

展望台もあるので、ペルセウス座流星群を存分に楽しめるでしょう。

住所:〒254-0913 神奈川県平塚市万田790

電話:0463219852

最寄り駅:平塚駅北口からバスで上万田下、徒歩27分

西湘の海と町並をセットで楽しめ、後ろには富士山と丹沢の山並が広がっています。

ペルセウス流星群だけでなく、360度や夜景と街並みを堪能できますね。

⑤臨港パーク

みなとみらい地区最大の緑地で、芝生広場から港を望めば夜空を堪能できます。

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−先

電話:0452212155

最寄り駅:みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分

2022年8月2日には3年振りとなるスマートフェスティバルが開催され、盛大に花火が打ちあがりました。

久良岐公園

周辺地区では一番広い緑地公園です。

広くて自然豊かな場所なので、天体観測に最適な場所。

住所:〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東3丁目12−1

電話:079-569-0388(9~17時・月曜定休)

最寄り駅:三田駅からばすで30分、公会堂前バス停から徒歩10分

四季折々の花も楽しめ、年中多くの人でにぎわうスポットです。夜は蛍も見られるのだとか。

こちらの記事もチェック↓

目次