桜田ひよりの演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!子役時代の泣きの演技が絶賛されていたって本当?

桜田ひより

女優、ファッションモデルとして活躍中の桜田ひよりさん。

幼いころから子役としても活動しており、演技力には定評があります。

しかし、そんな桜田ひよりさんですが、演技が下手だという声がありました。

今回は、桜田ひよりさんの演技が上手いのに下手と言われている理由を調査します。

目次

桜田ひよりの演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!

桜田ひより

桜田ひよりさんは、幼少期にクラージュ・キッズという養成所に所属していました。

・当時は「成田ひより」という本名でモデルや子役として活動。

・その後、女優を目指し研音のオーディションを受け、子役としての活動を本格的に開始。

子役としても活躍していたので、安定の演技力かと思いきや、以下のような意見が見つかりました。

ここでは、桜田ひよりさんの演技が下手と言われている3つの理由をお伝えします。

①うるさい

桜田ひより

1つ目に、桜田ひよりさんは「うるさい」と言われていることがわかりました。

美有とは、「24ジャパン」というドラマで桜田ひよりさんが演じた役の名前です。

これは、桜田ひよりさんがうるさいというより、演じた役がうるさい女性の役でした。

この役を演じたことにより、桜田ひより=うるさい、というイメージがついてしまったと考えられます。

しかし逆に、この役を演じきった桜田ひよりさんの演技力の高さも感じられるコメントなのではないでしょうか。

②わざとらしい

桜田ひより

次に、桜田ひよりさんの演技が「わざとらしい」という声がありました。

うるさいだけ。わざとらしい。メリハリのない演技。

以上のように酷評しているコメントも。

ドラマ「24ジャパン」での演技に対するコメントの多くが、マイナスなものでした。

演技が短絡的だ。怒りや恐怖というわかりやすい感情の演技ばかりで繊細な心の動きというものが感じられない。

24ジャパンで演じた役がヒステリックな人物だったため、大袈裟な演技をしていた可能性が考えられます。

そのような演技が視聴者から見たら「わざとらしい」と感じる原因になったのではないでしょうか。

③どの役も同じに見える

桜田ひより

また、桜田ひよりさんの演技は「どの役も同じに見える」と言われていることがあります。

「演技に幅が全然無い。」とのコメントもあり、いつも同じような演技に感じるという視聴者もいました。

子役時代からたくさんの作品に出演し、様々な役を演じてきた桜田ひよりさん。

桜田ひより

そのために「桜田ひより」のイメージが出来上がっているのではないかと考えられます。

どんな役も桜田ひよりさんのイメージにしっかりマッチしているのため、どの役も同じに見えるのかもしれません。

子役時代の泣きの演技が絶賛されていたって本当?

桜田ひより

子役時代から大活躍だった桜田ひよりさんは、以下の作品に出演していました。

・明日、ママがいない

祈りの幕が下りる時

・はやぶさ、など

特に泣くシーンの演技が絶賛され、以下のようなコメントにあふれています。

桜田ひよりさん本人も「泣く演技が得意」と言っているのだとか。

子役時代から、演技を絶賛されるのはとてもすごいことですよね。

まとめ:桜田ひよりの演技が上手いのに下手と言われる3つの理由!子役時代の泣きの演技が絶賛されていたって本当?

今回は、桜田ひよりさんの演技について調査しました。

調査の結果、桜田ひよりさんの演技がうるさい、わざとらしいと思っている視聴者がいることがわかりました。

しかし、上手いという感想を持っている人が圧倒的に多かった印象です。

これからの活躍も楽しみですね。

目次
閉じる