玉城デニーはアメリカ人のハーフ!父は米兵で所在不明?

現職の沖縄県知事である玉城デニーさん

2022年9月11日に行われる、沖縄県知事選挙にも立候補しています。

玉城デニーさんはハーフで、父親には会ったことがないということを過去に言っていました。

玉城デニーさんがハーフなのか、玉城デニーさんの両親についても調べていきます。

目次

玉城デニーはアメリカ人のハーフ!

玉城デニー

玉城デニーさんは、2018年9月から沖縄県知事を務めています。

日本で生まれ育っていますが、母親は沖縄県出身で父親がアメリカ人のハーフです。

  • 名前:玉城デニー
  • 本名:玉城康裕(たまき やすひろ)
  • 生年月日:1959年10月13日
  • 出身地:旧与那城村(現:うるま市)
  • 趣味:映画鑑賞、バンド、読書、空手、釣りなど
  • 尊敬する人:小沢一郎、翁長雄志、母
  • 最終学歴:上智社会福祉専門学校 卒業

ハーフということで子供時代、いじめられていたと語っています。

「デニー」というのは、子供のころの愛称で、昔の本名はデニス(Dennis)でした。

  • 父親の母国アメリカに行くことを前提に「デニス」という名前になった
  • アメリカ渡航はなくなり、家庭裁判所に申し出て「康裕」という名前に改名

名前が変わったのは、玉城デニーさんが小学4年生のころの話でした。

ハーフということでいじめを受けたり、逆に人の温かさに触れた経験が、今の玉城デニーさんに繋がっているのかもしれませんね。

玉城デニーの父は米兵で所在不明?

玉城デニー

玉城デニーさんは、アメリカ人の父親に会ったことはないと語っています。

  • 玉城デニーさんの父親は、当時はアメリカの海兵隊員
  • 玉城デニーさんが母親のお腹の中にいる頃に、アメリカへ帰還命令を受け帰国
  • アメリカに来てほしいと母親と玉城デニーさんに手紙や写真を送っていた
  • 玉城デニーさんが2歳のころに母親がアメリカに行かないと決めて思い出の品々を処分

こういった経緯から、玉城デニーさんは父親に会ったことがありませんでした。

母親に聞いても多くは語ってくれず、唯一教えてくれたのが「父親のファーストネームだった」とか。

父親は所在不明で、生きているのかもわからないですが、いつか会える日がくるといいですね。

玉城デニーの母はウチナンチュでシングルマザー!

玉城デニー

玉城デニーさんの母親は、沖縄県国頭郡伊江村出身ウチナンチュ(沖縄の人)

母親は玉城デニーさんが2歳の頃に、父親のいるアメリカには行かず、女手1つで育てようと決心しています。

  • 玉城デニーさんが2歳のときに、友人の家に預けて、母親は辺野古の飲食店に住み込みで働くようになる
  • 月に1度、与那城に帰ってきて玉城デニーさんと会う生活
  • 玉城デニーさんが小学4年生のときに、一緒に住むようになる

子供と離れて働かないといけなかった母親の気持ちを考えると、胸が締め付けられますね。

玉城デニーさんの育ての親のご家庭もとてもいい家庭で、いじめられていた時にかけてもらった言葉に救われたそうです。

トゥーヌイービヤ、ユヌタケヤアラン

意味:十本の指は同じ長さじゃない。

指が一本一本違うように、人間はそれぞれが違っていい。

玉城デニーさんが、沖縄県知事に決まった当選演説のときにも、この言葉を使っています。

とてもいい言葉ですよね。

このような境遇で育った玉城デニーさんだからこそ、より理解や共感を得られるのでしょう。

今の玉城デニーさんがあるのも「2人の母親」のおかげなのかもしれませんね。

今までの経験を生かして、今後どのような改革をしていくのか楽しみですね。

こちらの記事もチェック↓

目次