多部未華子の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由!オファーが続く理由を調査してみた!

多部未華子

様々な人気ドラマや映画に出演し、演技派女優として大人気の多部未華子さん。

そんな多部未華子さんですが、演技が上手いのに下手と言われているのだとか。

なぜ演技が下手と言われてしまうのか、理由を調査しました。

目次

多部未華子の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由!

多部未華子

多数の人気作品に出演している多部未華子さんですが、演技が下手だと言われていました。

2002年13歳の時にスカウトされ、 「Rainy ~愛の調べ~」のPVで女優デビューします。

多部未華子

女優デビュー後から、たくさんの人気ドラマ作品に出演しました。

2007年:「山田太郎ものがたり」民放連続ドラマ初出演。

2009年:NHK連続テレビ小説「つばさ」主演。

2011年:「デカワンコ」民放連続ドラマの初主演。

2019年:「これは経費で落ちません!」主演。

2020年:「私の家政夫ナギサさん」主演、など。

2009年放送のNHK連続テレビ小説「つばさ」では、オーディションを受け、1,593人の中から選出され、主役を務めました。

様々な有名作品の主演を務めていることがわかります。

さらに、映画では女優としての能力が認められ、以下の賞を受賞しています。

2005年:第48回ブルーリボン賞 映画「HINOKIO」、「青空のゆくえ」 新人賞

2005年:日本映画評論家大賞 映画「HINOKIO」 新人賞(小森和子賞)

2010年:エランドール賞、新人賞

2015年:日本映画評論家大賞 映画「ピース オブ ケイク」 主演女優賞

「ピース オブ ケイク」では、あの辛口で有名な演出家・蜷川幸雄さんにも認められたことで有名です。

多数の賞を受賞しているのに、演技が下手と言われてしまう理由を調査しました。

①目が怖い

多部未華子

多部未華子さんの目は奥二重です。

SNSでも「目が怖い」という意見が見られました。

しかし、一方で目の演技が絶賛されている多部未華子さん。

このように、多部未華子さんは目の演技に長けているため、目の怖さは、高い演技力によるものだと考えられます。

奥二重をとても上手く演技に活かしているのですね。

②可愛くない

多部未華子

「可愛い or 可愛くない論争」が繰り広げられており、「ブサかわ」の代名詞として語られることが多い女優さんです。

くっきり二重の方が多く活躍している中で、多部未華子さん個性的な顔が、「可愛くない」ように見えるのでしょう。

2011年には、ドラマ「デカワンコ」で、様々な変顔を披露しています。

多部未華子

自分をよく見せようとはしない

どうすれば面白い作品ができるか常に考えている

映り方を気にせず身体を張った演技が、多部未華子さんの魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。

週刊女性PRIME「女性が思うちょうどいいブス」ランキングでは、1位を獲得しています。

女優におけるちょうどいいブス=女性的に親近感が湧くと考えてよさそうです。確かに高嶺の花に親しみを感じるのは難しいですものね。

引用元:週刊女性PRIME

ちょうどいいブスさが、女性からの好感度を上げていることがわかりました。

また、女性だけでなくたくさんの人が、多部未華子さんの魅力に気付いた瞬間に可愛く見えるようになる現象が起きています。

多部未華子さんにとって、「可愛くない」ことはむしろ、女優としての大きな武器であることは間違いなさそうです。

③関西弁が下手

多部未華子

2012年ドラマ「浪花少年探偵団」で、主人公・竹内しのぶ役を演じ、関西弁を披露しました。

しかし、多部未華子さんの関西弁は酷評されてしまいます。

多部未華子さんは東京都出身のため、ナチュラルな関西弁は難しかったのでしょう。

この関西弁により、「多部未華子は演技が下手」と思った視聴者が多くいました。

④特徴がない

多部未華子

多部未華子さんの奥二重が、特徴がないように見えてしまっていました。

多部未華子さんは「NHKの好きな顔」とも言われており、裏を返せば、特徴のない顔ということになるのでしょう。

目立たない演技により下手だという意見に繋がっているのかもしれません。

⑤淡々とした演技

多部未華子

淡々とした演技に関しては、演じる役に大きく影響しています。

2018年公開の映画「日日是好日」や、2020年公開の映画「空に住む」は、物語自体が淡々としていました。

また、2019年に放送されたNHKのドラマ「これは経費で落ちません!」でも、日々淡々と業務をこなすOL役を演じています。

「淡々とした演技」と感じるのは、多部未華子さんの高い演技力が発揮されたということでしょう。

多部未華子にオファーが続く理由を調査してみた!

多部未華子

一部では、演技が下手だと言われてしまっている多部未華子さんです。

なぜオファーが続くのでしょうか。

理由は女性からの人気が高いからです。

・ドラマなどでは全力の変顔や、ほぼすっぴんの顔を披露する潔さ。

・数々の賞を受賞している演技力の高さ。

女性からの好感度が抜群に高い「ちょいブサ」な顔

これらすべてが、女優・多部未華子の魅力であり、好きにならずにはいられないのでしょう。

演じる役もつい共感してしまったり、応援したくなってしまうキャラクターが多い印象です。

・映画「君に届け」黒沼爽子:暗い見た目と控えめな性格だけど、強い信念を持っている。

・ドラマ「私の家政夫ナギサさん」相原メイ:仕事はできるが家事がまるでダメ。恋愛にも慣れていない。

出身地・東京都西東京市で、自ら企画した30歳記念特別公演「MIKAKO 30~多部の素~」を行いました。

この公演決定時に多部が出したコメントにはこうある。

「多部未華子は2019年1月25日に30歳を迎えました。15歳からお仕事をはじめ、山あり谷ありでしたが、なんとかここまで運よくやってこれました」

努力もしたはずなのに、「運よく」と言い切ってしまうところも多部の人柄ではないか。

引用元:FRIDAY DIGITAL

多部未華子さんの人柄が伝わってくる素敵なエピソードでした。

以上のように、多部未華子さんは女性からの人気が高く、人柄も良いため、オファーが絶えないのだと考えられます。

    

まとめ:多部未華子の演技が上手いのに下手と言われる5つの理由!オファーが続く理由を調査してみた!

多部未華子さんの演技が上手いのに下手と言われる理由オファーが続く理由を調査しました。

演技については、演じる役柄によって評価が異なりましたが、演技力がとても高いことは間違いありません。

また、女性からの好感度が特に高く、人柄も良いため今後も様々な作品のオファーが続くと予想されます。

これからも、ますますの活躍に期待しています。

目次
閉じる